切り花を長持ちさせるには砂糖水が良いの?ハイターとのコラボが最強なの!?

豆知識

街角の花屋さんで綺麗な切り花を買ってきて

家の玄関やリビングなどに飾るのはいいですが、しばらく日が経過すると枯れてしまったりしぼんでしまうのです。

花の宿命と言えばそれまでですが、できれば長く花を綺麗に咲かせたいですよね。

そこで、砂糖を水で溶かした砂糖水に浸したりする方法もあるそうです。

そして、花の種類によっては、長持ちしやすい花とそうでな物がありますので合わせてみていきたいと思います。

切り花を長持ちさせるコツ砂糖水を作ろう!

綺麗な花を部屋などに飾り付けるとリラックスできる効果があっていいですよね。気持ちがいいものです。

切り花を生ける場合、どうしても日が経ってしまうと枯れてしまったり元気がなくなるのです。

植物も生きているので仕方のない事とは言え、できれば長くもたせたいですよね。

そこで、普段、切り花は水でいけていると思いますが、

砂糖を水に溶かした砂糖水を利用すると、長持ちするのです。

なぜ、砂糖水だと切り花が長持ちするのかを見ていくと、砂糖は糖分です。

砂糖水の糖分のエネルギーが花の養分となる為、長持ちするのです

ただ、砂糖が花の養分になると言うことは、他の細菌やウイルスなどの養分にも利用されてしまうということになりますので、

砂糖を水に溶かした砂糖水だけでは花は元気になっても、細菌などの影響で元気が出ない場合もあるのです。

切り花をさらに長持ちさせるには砂糖水とハイタの最強コンボ!

砂糖が花のエネルギー源になると前述しましたが、まさしくその通りです。

しかし、砂糖のエネルギー源は、花だけではなく、ウイルスや細菌などの餌にもなってしますのです。

雑菌などが花瓶に充満してしまい、それを花が吸収することで弱ったり、元気にならせるつもりが花の天気の低減につながったりします。

砂糖水だけでは、花はダメになってしまうのです。

そこで、登場するのがキッチンでよく使われる事の多い「ハイター」です。

ハイターや、塩素系漂白剤などがオススメなのですが、水の腐敗などを防ぐ効果が期待できます。

水の腐敗が防げると言う事は清潔な水で花も過ごせる事になるのです。

長持ちさせる方法は、砂糖水にハイターを加えたものに切り花を浸ける事で花を長持ちさせることができるのです。

切り花をもっと長く楽しみたい!長持ちする花の種類とは?

砂糖水や、ハイターなどで長持ちさせる方法があり試してもらいたいところですが、

花の種類によっても長持ちするものしないものがあります。

長持ちする花の種類をあげますと、

 

こ長持ちする花

カーネーション

トルコキキョウ

ユリ

が挙げられます。

これらの品種は、品種自体が長持ちしやすいものです。

部屋に飾るにしても、できれだけ新鮮で、綺麗に花を咲かせたいですよね。

花の生け方などもポイントになりますが、長持ちする品種を選ぶ事で、長く部屋を飾る事ができますよ。

【スポンサーリンク】

まとめ

綺麗な花ですが、枯れて元気が無くなってしまうところが残念なところです。

できれば、長く持って欲しいですよね。

新鮮な花ほど長持ちするのは当然の事ながら、ちょっとした工夫をする事で、長持ちします。

水を砂糖で溶かした砂糖水を利用する事で、花のエネルギー源となります。

しかし、砂糖水だけの場合、花だけでなく、細菌やウイルしなどの雑菌の栄養素として働いてしまいますので、

そこにハイターなどの漂白剤を入れます。

漂白剤を投入する事で、腐敗などを予防することが可能になります。

また、長持ちしやすい花の品種を選択することも重要です。


【スポンサーリンク】


【スポンサーリンク】