戦国トリビア!?菊の家紋の意味と武将の歴史について

歴史ファンの人は、知っている人もいるかと思います。また、最近でも古くからの家庭では見る事の出来るもの“家紋”には様々な草花などが使用されている場合があります。

 

家紋の他に、コインなどにも草花が使われえている場合があります。その中で、菊の家紋を目にする事もあります。家紋になる意味もあると思います。

 

菊の家紋は戦国時代から使われている家紋でもあります。有名な人で言うと、足利尊氏なども使用していました。

 

元々は天皇家が使用していた家紋だそうですが、武将に下賜される事で広がっていった家紋でもあるとされています。

 

そこで、菊の家紋の意味や歴史的背景を元に見ていきたいと思います。

 

菊の家紋を使っている武将を一覧にして!そもそもは天皇が使っていた!?

 

古くからの家庭でも見る事が出来る“家紋”ですが、家紋は古代から使用されていた日本の文化でもあります。

 

いろいろな家紋があり、それぞれに意味を持っていますが、その中で“菊”の家紋は天皇家が使用していた家紋でもあります。

 

菊の家紋を使用して武将一覧を見てみます。

 

  • 足利尊氏

 

  • 豊臣秀吉

 

が挙げられます。武将ではありませんが、西郷隆盛、木戸孝允なども菊の家紋を使用していた事で有名です。

 

なぜ、天皇家で菊が使用され始めたのかと言いますと、菊の美しさがあります。

 

天皇が使っている菊の家紋…その意味と使われるようになった経緯とは!?

 

今の天皇家も家紋は菊を利用していますが、なぜ、家紋に菊が使用されるようになったのか見てみると、上記で触れたとおり、大きくて華やかさのある菊が注目を浴びるようになり、菊が使用し始めるようになりました。

 

菊が天皇の家紋として使用されるようになったのは、平安時代で後鳥羽上皇からとされています。元々貴族の間で菊の花は好まれるようになり、そこから、天皇の家訓になっていると言われています。

 

なぜ、菊が天皇の家紋になった、その意味は不確かでありますが、皇室を守護する役割を果たすため、最澄が恒武天皇に献上したから、家紋として使用され始めたというきっかけがあるそうです。

 

【スポンサーリンク】

菊の家紋は武将にとって天皇からのごほうびだった!?辞退した武将も

 

そもそも、天皇が菊の家紋を使用しました。それは、菊の花が華やかさで貴族の間では、人気のある花だからです。

 

天皇も最澄などから献上されたから使用するようになった説、守護の説など様々な意味がありますが、今の皇室も菊の家紋を使用しています。

 

皇室が使用している家紋ですから、恐れ多いと感じる人もいるようです。天皇から、菊の家紋を授かった武将もいます。

 

しかし、上記の理由で菊の家紋を断った人もいます。

 

楠木正成や徳川家康は、天皇から菊の家紋を与えられましたが、恐れ多いなどの理由で辞退しています。

 

それくらい、当時は、菊の家紋は天皇からご褒美に匹敵するものだったのです。自分には ふさわしくない品だと辞退したのではないでしょうか。

 

菊のイメージとしては、仏花というようなイメージがありますが、高貴の花としては古くから親しまれている花でしょう。

 

まとめ

 

最近では、菊の花をモチーフにした家紋があります。古くからの家庭に足を運ぶと家紋を見たり、お盆の時期になると、墓石に家紋が彫られている場合もあります。

 

菊の花は、古くから使われて、品のいい花として使われています。天皇の皇室の家紋も“菊”ですよね。

 

華やかさのある花である菊は、貴族から非常に人気のある花です。そこで家紋として使用されるようになったのだとか。

 

また、最澄から献上された、皇室を守護するための役割などの意味もあるそうです。

 

そこで、天皇から、菊の家紋をあたえられた武将も恐れ多い家紋として辞退した人もいるのです。それくらい高貴の家紋でもあると言えます。


【スポンサーリンク】


【スポンサーリンク】