橋に対策が必要!錆が劣化の原因かコンクリートの寿命がヤバイ!

豆知識

近年では、地震や台風などの天災で日常生活に関わる部分に被害が生まれていたり、普段利用しているものが劣化して、不安に思う事もあると思います。

車社会と言われている現在ですけれど、車を運転していて「橋」を渡る事もあると思います。大型のトラックなどが通行すると、振動してしまい大丈夫かと心配になる事もあると思います。

実際、橋の上で停車していて、大型トラックなどが走行すると、揺れて心配になります。橋も年月が経っているものだとコンクリートが劣化したり、寿命が関係していたりするケースもあります。

そこで、コンクリート橋の寿命はどれくらいなのか、対策方法はないのかを見ていきます。

橋にも対策が必要!錆による腐食を抑える管理方法

橋はある意味無防備な状態にあると言えます。カバーなど何もなくコンクリートがそのままむき出しのままになっているのです。そして、大型のトラックも何台も通過し、長い年月耐えてくるわけです。

当然ながら、自然減少の雨風雪などにも負けじと保っているわけですが、いつかは劣化で壊れてしまいます。

自分が橋を通過している最中に橋が落下したりしたら大変ですし、想像しただけでも恐怖です。

無防備だからこそ、常日頃定期検査と、寿命を延ばしてさらに強度を保つ対策が必要なのです。

特に気をつけなければいけないのが、海に近いところにある橋なら、塩害には注意や対策が必要です。塩分によりコンクリートが劣化してしまい、コンクリートがはがれ落ちたり、強度が低下したりする減少です。

対策としては、エポキシ塗装などを鉄筋に施したりすることで強度が増し、塩害対策として行われているのです。

なぜ橋が損傷?対策とその原因を専門家が解説

長い年月が経過している橋では、長年の使用による疲労劣化と、塩害そしてむき出しのままですから自然的な影響で劣化してしまう可能性があるのです。

腐食による影響による劣化の場合は、腐食してしまう原因を取り除くことが大切です。そのままでは腐食が進行してしまう可能性があります。

また、耐えられる重さ以上の車の通行量などがあったなど、いろいろな原因があります。

海辺に近い橋であれば潮風などに乗った塩分が橋に付着し腐食していく減少があります。また、建設時に海砂などの洗浄不足により、年数が経つにつれて劣化してしまう可能性があるので、建設時には劣化がしにくい状態であるのかをチェックしていく事が大切です。

【スポンサーリンク】

コンクリート橋にはこの対策!劣化原因から調査して分かったこと

コンクリートの橋の対策としては、劣化しないように対策を講じる事が大切です。外で晒されているわけですから、腐食が進行しやすいような状態絵を作らないようにする事が大切です。

定期的に劣化がないかをチェックしていく必要がありますが、内部の鉄筋が錆びないように、コンクリートにひび割れや、ハゲたりする劣化がある場合は、早期に修繕する必要性があります。

塗装をしなおしたり、建設時に、錆び止めとしてエポキシ塗装などを施したりする事で、塩害などの腐食を防ぎ、劣化を対策できるのです。

まとめ

日常生活、移動の手段として利用している自動車ですが、車を運転していると、不安に思えてくる場所もある。そのうちの1つが橋である。コンクリート橋の劣化は目に見えるもので、恐怖を抱いてします。

橋で停車している際に、大型トラックなどが通過すると、振動で揺れたりする事を感じた事はありませんか?

それらを繰り返し長い年月を過ごしていると当然、外に晒されているので、劣化してしまいます。当然、塩害などの劣化もあります。

それらを防止する為に定期的に対策を講じたり、塗装をし直すなどの作業が必要になると思います。


【スポンサーリンク】


【スポンサーリンク】