簡単?ガーベラの上手なドライフラワーの作り方!

豆知識

花束を人からプレゼントで戴く事は嬉しい事です。その中で、花束がガーベラだったら、少し、ときめきが生まれませんか? 女性ならときめきを持つかもしれません。

 

ガーベラを戴く事は嬉しい事ですが、せっかくの綺麗な花をドライフラワーで綺麗にするのはいかがでしょうか。

 

ドライフラワーなら、比較的状態が良ければ、長期間保存をする事ができますし、ドライフラワーを部屋で飾っておく事も可能です。それだけでも、部屋の中が鮮やかになります。

 

特に、一人ぐらしで殺風景な部屋も花の存在があるだけでだいぶ雰囲気も変わります。

 

そこで、ドライフラワーの作り方などについて見てみたいと思います。

 

ガーベラのドライフラワーに使うシリカゲルとは?

 

花をドライフラワーに加工するにはどうしたらいいでしょうか? ドライヤーで花を温めて乾燥させればドライフラワーに変身するのでしょうか?

 

原理としては、ドライヤーで乾燥させればドライフラワーになる事は間違いないのですが、もっと簡単にドライフラワーに加工する事ができる方法があります。

 

普段、お菓子の詰め合わせなどに入っているシリカゲルを利用する事です。このシリカゲルは、空気中の水分を除去してくれるは働きがありますので、シリカゲルを利用する事で、簡単にドライフラワーに変える事は出来ます。

 

シリカゲルを使ったドライフラワーの作り方ですが、ドライヤーで乾かす方歩法や、吊るす方法で花も水分量を減らしてという方法もありますが、わざわざわ吊るす必要性もありませんし、シリカゲルが圧倒的に便利です。

 

シリカゲるをしいたところにガーベラを置き、花が隠れるくらいまでシリカゲルを入れる事で水分を吸い取ってくれてドライフラワーへと変えてくれます。

 

ガーベラのドライフラワーにドライヤーを当てる時の注意点

 

原始的な方法として、誰もが思いつく方法としては、ドライヤーで温めてドライフラワーにする方法です。

 

しかし、シリカゲルと違い、ドライヤーで花を熱しすぎると、逆に、花びらなどが痛んでしまい、結果としては、花びらが落ちてしまったり、形がいびつになったりする可能性があります。

 

ドライヤーでドライフラワーを作る際は、できるだけ、弱い風で、熱も直接花びらを刺激しないようなところから風を当てることで、ドライフラワーが出来ます。

 

【スポンサーリンク】

ガーベラのドライフラワーはどれくらい吊るすといいの?

 

ドライフラワーの作り方としては、ハンキング法と言われて、吊るす事で乾燥させてドライフラワーにする方法もあります。ただ、時間がかかってしまう可能性が大きいので、あまりお勧めはしません。

 

それでも、上記で挙げたシリカゲルが調達できない時などは吊るす方法も便利です。

 

シリカゲルで乾燥させてさらに、2、3日吊るす方法で乾燥させる方法もあります。目安としては、1〜2週間程度吊るす事で乾燥するでしょう。

 

乾燥しやすい、秋や冬がお勧めです。ちょうど、ガーベラは秋に咲く花でもありますので、ドライフラワーにしようとするには都合のいい花ではないでしょうか。

 

まとめ

 

ガーベラの花束をいただき、飾っていると自然の寿命で数日で枯れてしまいます。少しでも長持ちさせるにはどうしたらいいのでしょうか。綺麗な水に入れ替えても長持ちしなかったりします。

 

そこで、ドライフラワーにしたらどうかと思います。ドライフラワーであれば、乾燥をさせるわけですから、長持ちをさせると言うよりかは長期間保存する事ができると考えた方がいいでしょう。

 

せっかくいただいた綺麗な花をどのように飾って、綺麗に飾れるか。シリカゲルで乾燥させてドライフラワーにする方法と、吊るす方法がありますが、吊るす方法が、花びらなどを傷めないやり方です。

 

なるべく、花びらなどを傷つけない方法でやりましょう。そして綺麗なドライフラワーを飾っておきましょう。


【スポンサーリンク】


【スポンサーリンク】