櫛の汚れの原因はスタイリング剤!?その対策と落とし方は?

豆知識

普段、髪の毛を整えるのに必要なものといえば、“櫛”ですよね。髪の毛を整える際に必ず登場するアイテムですが、ほこりがたまりやすいものでもあります。

 

櫛は毎日使うものですから汚れが付着したりほこりがたまったりするのは仕方のないものかもしれません。なぜくしにほこりや汚れが付着するのでしょうか。

 

その原因と落とし方・取り方さえ分かっていれば、対処できて、いつでも清潔なくしを利用できますよね。くしが汚れたまま使うと髪にダメージを与えたり、それが原因で髪の毛が汚れたりする可能性がありますよね。

 

そこで、櫛の取り方、落とし方を見てみます。

 

その櫛すぐにきれいになりますよ!ついてしまった汚れの簡単な落とし方

 

髪の毛を整えたりするのに大切なのが“櫛”ですよね。ケアスタイルを整えるのに必需品は“櫛”です。しかし、毎日使用している汚れやほこりが気になりますが、その原因はどうしてなのでしょうか。

 

実は、普通に使用していてもほこりなどが付着して汚れになる事もあります。髪の毛をシャンプーで綺麗に洗っても、若干の汚れが髪の毛に付着したまま櫛で髪の毛を梳かした場合も考えられます。

 

一番の原因は、スタイリング剤が考えられます。ヘアスタイルを整える時に、スタイリング剤を利用している人います。スタイリング剤は油分が含まれていたり、科学的な香料などが含まれていたりする可能性があります。

 

それらが付着する事で櫛が汚れる原因となっている可能性が十分に考えられます。

 

それらは櫛に付着してなかなか落ちにくいです。高級の木製の櫛は、なかなかそれらの汚れを水洗いで洗う事は不可能で、綺麗な布で丁寧に拭き取り作業による汚れの取り方しかできません。

 

プラスチック製の櫛であれば、簡単に汚れの落とし方があります。

 

普段使用しているシャンプーでも構わないので、シャンプーで汚れを取る方法です。バケツに水とシャンプーを入れて漬けておくと汚れが落ちるとのです。

 

なぜシャンプーを使うかと言うと、シャンプーですので、仮に、液剤が残っても髪にダメージを与える可能性は少ないという事と汚れが落ちやすいのです。

 

一方で、木の材木でできた櫛は水洗いはNGです。

 

歯ブラシを利用して汚れを取る方法があります。また、オイル(食用以外の)を利用して汚れを取り除く方法もあります。ただし、木材に染み込む可能性のあるものは絶対に避けるべきです。

 

お出かけ前に気が付いてしまった!すぐに櫛を使いたい方はこんな汚れの取り方も!

 

毎日使用するものですから、定期的に掃除をして綺麗に保つことが重要ですが、ふと、お出かけ前の忙しい時間に髪の毛を整えようと櫛を見たら、汚れていたという経験はあると思います。

 

汚れたまま、髪をとかすのは抵抗があったりします。汚れた櫛で髪を通すのは髪の通りも悪いですし、汚れが髪の毛に付着する原因になりますよね。

 

お出かけ前も時間のない時でも汚れの落とし方が簡単にできるものがありますので見てみます。

 

水洗いなどの場合は、乾かすのに時間がかかりますので落とし方としては最適ですが、時間のない時は適切ではありません。手で取る事が一番に方法ですが、歯ブラシ、爪楊枝などを利用してササっと汚れを取り除く事も簡単にできるので、忙しい時間の時でも最適です。

 

簡単に、時間のない際でも櫛が利用できるのが特徴です。

 

【スポンサーリンク】

そもそもくしにほこりがつくのはなぜ?間違った髪の手入れのやり方が原因!?

 

定期的に汚れを取るために掃除をしていく事が大切ですが、そもそも汚れてしまうのはなぜでしょうか。

 

頭皮の脂分、フケなどが櫛を通している間に付着してしまうのです。間違った洗い方も考えられますが、一番、使う際に汚れてしまうのが原因に一つです。

 

また、一番汚れの原因になるのが、スタイリング剤なのです。ヘアスタイルを決める際にスタイリング剤を利用している女性も多くいると思いますが、それらのスタイリング剤が汚れを付着させている原因になります。

 

ですから、水洗いできないような質の櫛はできるだけスタイリング剤を使用する際は避けるべきです。水洗いできるプラスチック製の櫛を選択してスタイリングすることにしましょう。

 

まとめ

 

普段、スタイリングをする際に利用するのが櫛ですが、毎日使う物ですから汚れが付着することになるのです。

 

汚れが付着したまま櫛を利用すると、髪の毛に汚れが付着して髪の毛にダメージを与える原因になります。櫛に汚れが付着する原因は、スタイリング剤などが挙げられます。

 

定期的に汚れを落とす必要がありますが、水洗いできるプラスチック製の櫛は、シャンプーで歯ブラシなどを使って丁寧に汚れを落としましょう。

 

木材などの水洗いが不可能な場合は出来るだけ手でほこりなどを取り除きましょう。

 

ブラシなどでさっと汚れを取る方法は、お出かけ前の忙しい時間でも活用できるのでおすすめです。


【スポンサーリンク】


【スポンサーリンク】