購入前に要チェック!電気自動車の充電は自宅で本当に出来るの?

豆知識

最近では、エコドライブ志向で電気自動車を運転する人が多くなってきています。街中でも充電スポットなどもみられるようになりました。

電気で充電する事によって車を走らせる事ができますが、自宅で充電する為に工事は必要なのでしょうか。自宅で手軽に充電できるようなれば、わざわざガソリンスタンドなどに行かなくても便利ですよね。

また、普通の充電式の電池と違い、車を走らせる為にはそれなりの電気量なども必要だと思います。

電気自動車が増加してきているとはいえ、まだガソリン車が主流ですから自宅で電気自動車を所有して便利に乗る為の事を見ていきたいと思います。

電気自動車に充電は必須!近くに充電スポットがあるかをチェック!

従来のガソリン車ではあれば、ガソリンスタンドに行けばガソリンが手に入ります。

しかし、現在では電気自動車も普及し始めて、コンビニの駐車場の一角に、スーパーに充電スポットなども見かけるようになりましたが、まだまだ量が少ないと言えます。

電気自動車を走らせる為には、電気を使って充電しなければいけません。

その為、職場と自宅の往復ならば、充電の事を気にしなくてもいいかもしれませんが、旅行や遠出の際は心配になるのではないでしょうか。

最近では、道の駅などでも充電が可能になっています。インターネットやナビなどに充電スポットが表示されていたり、情報が出ていますので、遠出をする際は事前にチェックする事が大切です。

電気自動車に必要な充電時間はスバリこのくらい

電気自動車を走らせる為には充電が必要不可欠です。ガソリン車は、ガソリンを入れれば走らせる事が可能ですけれど、電気自動車はそういう訳にはいきません。

自宅では、十分な量の充電は可能でしょうけれど、遠出や旅などに出た際に充電が気になってしまう事があります。

旅行などの際は、充電スポットを調べてから出発する必要があります。

基本的は、急速充電スポットでの急速充電では約40分程度で80パーセントまで充電する事が可能です。

逆に、自宅などの充電では100パーセント充電させるためには7時間程度必要とします。

ただ、最近はフル充電で400キロ走れる車も出ていますので、自分の所有する電気自動車がどれくらいの距離渡航できるのかを調べる必要があります。また、エアコンの使用やスピードや交通状況や道路状況などにも電池の減りは影響します。

急速充電でも、30分は充電にかかりますので、余裕を持って旅行を楽しむことが重要です。

【スポンサーリンク】

電気自動車を充電するために、自宅に必要な工事の詳細と必要

電気自動車をこれから所有しようとする人は、自宅で充電する為の工事も必要になってきます。近くに充電スポットがあるならばそこで充電をする事は可能ですが、自宅で充電でできるようになればフルに充電可能です。

その為、充電する為の工事が必要不可欠になります。充電には200ボルトの電圧でそこから接続する為のケーブルコンセントの設置配置が必要になりますが、工事を電気工事会社に依頼するとおもいます。

すると、EV用コンセント、配線整備などで12万前後かかると思います。

200ボルト必要になりますから、電圧の変更などの手続き、充電するスポットと車までの距離なども必要になります。

これらの手続きや工事などのインフラを整えなければ電気自動車の導入は難しいと思います。

まとめ

電気自動車を乗る人の割合が増えてきました。ガソリンだと、排気ガスの問題やガソリンの高騰などの問題も発生しますが、電気自動車なら有害な物質を出すことなくドライブを楽しめます。

しかし、充電をする必要があります。充電スポットは色々な場所に設置されてきていますが、遠出する際は充電スポットがあるかをチェックしていく必要があります。急速充電30分で80パーセントの充電が可能です。

充電スポットまで車を走らせわざわざ充電しなくても、自宅に充電スポットを設置すれば、快適ですし、必要不可欠です。工事をしなくてはいけませんが、工事費用は12万前後でしょう。


【スポンサーリンク】


【スポンサーリンク】