バーミキュラの鍋で作った炊飯が美味しい理由とは?サイズや特徴も知りたい!

豆知識

今巷で話題のバーミキュラというホーロー鍋をご存じでしょうか?

このバーミキュラの鍋で炊飯すると、土鍋で炊いたご飯と同等の美味しいご飯が手軽に炊けてしまうんです!

この鍋一つで、煮る、焼く、炊く、蒸す

などが調理可能で、密閉性に優れているので真空調理と同じく時短調理も可能で、光熱費も押さえられると聞いたら、もう買うしかないでしょ!!

そんなバーミキュラ鍋について、買おうか迷っている方が更に買いたくなる情報をご紹介致します。

バーミキュラの鍋のサイズはこんなにあるの?

バーミキュラの鍋には、用途によりサイズも種類もしっかり取りそろえてあります。

直径は14cmから26cmまでと4cmごとにサイズ違いがありますので、ご家庭の使用頻度により大きさが選べます。

 

バーミキュラの鍋のサイズ

14cm  – とても小さいので、一人前の料理や離乳食など小食の準備に便利です。

18cm  – 1~2人用として、また3合までの炊飯ができます。

22cm  – レギュラーサイズなので、4人分のカレーなどが作れます。

26cm  – 鍋としては浅い作りなので、フライパンとして使用したり、鍋やすき焼きなどをするのに便利な大きさです。

 

バーミキュラの鍋といえばこんな特徴が!

この鍋はなんとホーロー鍋なのに無水調理ができてしまいます!

日本の技術により、蓋と本体との間にできる隙間を、限りなくなくすことにより、鍋の中を密閉し、素材のうまさを損なうことなく調理ができるのです。

よく美味しいご飯を例える言葉で、お米が立っていると言ったりしますが、バーミキュラで炊いたご飯はまさにお米が立っていて、色艶が良く、いつも使っている炊飯ジャーで炊いたお米とはお米の旨みや甘みがまったく違い、日本の物作り技術が結集したような、すごい鍋なのです。

バーミキュラの鍋の最大の特徴といえば無水調理ができることですが、調理だけではなく、炊飯もできると話題なのが“バーミキュラ ライスポット”です!

炊飯器もとても美味しいご飯が炊けるようになってきましたね。

バーミキュラのライスポットは、なんと高級炊飯器よりも美味しく炊けるというのです。

土鍋ですと吹きこぼれがネックですが、それもなく、鍋独特のこげつきもなく、なんて魅力的な鍋なのでしょうか。

しかも私が気になった点は、ポットヒーターというIH調理器に、ホーロー鍋をセットするという構造です。

炊飯器で肉料理やスイーツを作るのが話題になっていて、私もやってみたいと思うのですが、炊飯器のパッキンなどに残る匂いが気になり、その後のご飯に影響が出そうで、躊躇してしまいます。

このライスポットですと、鍋を蓋とともに丸洗いできるので、そういう心配もなく様々な料理に挑戦できそうな気がします。

【スポンサーリンク】

炊飯器だとバーミキュラの鍋の中古価格はコレ!

バーミキュラの鍋はとても魅力的な商品なのですが、これだけ多機能な鍋なので、やはり金額は高価な物となっており、どうしても手に入れたいと言う方には中古というのも考えていただければと思います。

【4/28(土)新宿タカシマヤにてお料理教室開催】 4/28(土)15時~16時、新宿タカシマヤにて バーミキュラ コンシェルジュによる バーミキュラ ライスポットのお料理教室を開催します!! 「興味はあるけど使いこなせるか不安」、 「どんなお料理ができるの?」など 気になっている皆さま、ぜひお越しください! ■日程: 4/28(土) ■場所: 新宿タカシマヤ 10F バーミキュラコーナー ■時間: 15時〜16時 ■着席: 4名様まで(立ち見もできます) ■試食: 不可 ■メニュー:豆ごはん、肉じゃが、ジューシーロースト ■新宿タカシマヤ 〒151-8580 東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目24番2号 (03)5361-1111 #vermicular #バーミキュラ #バーミキュラごはん #無水調理 #madeinjapan #料理 #instafood #バーミキュラライスポット #vermicularricepot

バーミキュラさん(@vermicular_japan)がシェアした投稿 –

バーミキュラ ライスポットの中古品の相場として

5合炊きの定価が79,800円(税抜)のところ71,800円とそれほど値下がりはしていません。

メーカー直販のオンラインショップですと、購入が一ヶ月待ちとなっているので、人気で値も下がらないようです。

まとめ

バーミキュラの鍋については、素材の美味しさを追求したい方には、とてもオススメな商品だと思います。

無水調理は、素材の栄養素も逃すことなく調理できて、健康にもいいです。

ただ、重量はなかなかの重さであることや、米を炊飯した場合、保温機能がないなどマイナスポイントもあります。

しかしそれを補って余るほどの、とても美味しいご飯が炊けるようですので、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

いつ買うのか?! 今でしょ!?


【スポンサーリンク】


【スポンサーリンク】