菱餅の色や順番に決まりがあるの?なぜひし形なのか白色の意味も知りたい!

ひな祭りのシーズンになると和菓子でもひな飾りでも菱餅があると思います。5色のものだと思います。

5色にはきちんとした意味があります。基本は、白・緑・赤(ピンク)が基本になると思います。それぞれの色には意味が込められているのでその部分も理解した上でひな祭りを楽しんで欲しいと思います。

また、菱餅はひし形の形をしていますが、なぜひし形の形をしているのかご存知でしょうか。地域によるものなのか古代からそのような形なのか知りませんが、きちんと意味が存在します。色の順番にも意味があるかもしれないことにはびっくりですよね。その事を踏まえて見ていきたいと思います。

菱餅は地域によって3色や5色もある!?順番の意味とは?

ひな飾りやひな祭りのシーズンになると菱餅を目にする光景がありますが、菱餅の色は何色でしょうか?

一般的に想像すると3色や5色を思い浮かべるのではないでしょうか。実際、一般的には5色が基本的で多くが5色です。もともとは中国で菱餅の和菓子があり、江戸時代から日本にも菱餅が伝わるようになったのですが日本では2色からスタートしました。しかし、色には意味があり、その意味を色に詰め込む事で色が2色から3色、5色と増えてきたのです。

地域に差はみられなく一般的には「5色」が基本の形になりました。

菱餅はなぜひし形なの!?

菱餅の歴史や地域によってあまり差がない事は上記でご理解して頂けたと思いますが、菱餅がなぜひし形なのかご存知でしょうか。いくつかの由来やひし形の意味があります。

ひし形な理由としてはひし形が「大地を示している」、「心臓の形」、「生命力」などの意味があるそうです。ひし形なのにはそれなりの理由が存在していた訳ですね。

それが縁起物としてひな祭りの代表的な和菓子や飾り物として出されるようになったのです。確かに想像してみれば心臓の形に似ていたりしなくもないですよね。

そこまで深く考える必要はないと思いますが由来や理由なども考えると更に一層楽しめるのではないでしょうか。また、偶然かも知れませんが、女性が男性より長寿である理由の由来もひな祭りが元々女の子の行事という事も関係していそうです。

菱餅の赤色・白色・緑色の意味とは!?

5色が基本的な菱餅と説明しましたが、色には順番や意味があります。基本は白と緑ではないでしょうか。ひな祭りは女の子の初節句でもありますから色に意味を込めて将来の健康や発展を望んだらいいのではないでしょうか。

白・・・純白、清浄、残雪

緑・・・長寿、健康

赤・・・厄払い、解毒作用

などの意味が込められています。統計を見てみると男性より女性の方が長寿でありますよね。やはり初節句でイベントが開かれるのがこの由来から来ていたりと個人的に考えてみたりしています。

色の順番に関しては地域やきまりはないみたいですが、その部分も楽しんだらいかがでしょうか。ただ、調べてみたが、地域による差や色の順番は特定が難しい部分がありました。

【スポンサーリンク】

まとめ

ひな祭りになり、ひな飾りなどを見るシーズンになると菱餅を見る機会があると思います。ひし形をした和菓子で有名ですが、色によって意味や違いがあるのではないでしょうか。ひし形なのには「大地の形」であったり「心臓の形」などを意味している事が多いです。

5色が基本的一般的になっていますが、地域によっては色に違いがあったりします。その部分を踏まえ、自分の地域では何色かを考えてみるのもいいかもしれません。

色には元々意味がありまして、白は純白や残雪、清浄などの意味があり、緑は長寿、赤は生命力、厄払いなどの意味があります。

女性は長寿と言われていますが、このひな祭りの菱餅のおかげなのでしょうかね。色の順番もいくつかあるみたいで、地域による特定が出来ていませんが、色には意味が込められていると思った方がいいでしょう。


【スポンサーリンク】


【スポンサーリンク】