厄払いのお礼を返す場所と時期は?処分を違う神社に返納してもOKなの?

豆知識

男性、女性ともに厄年と言われる年があり、厄年の年齢になると災いがあるされ、この災いを浄化する為に厄払いを神社でしたりします。

スピリチュアルな要素が強いので、厄払いを信じている人もいない人もいるでしょう。

厄払いをするとお札などを授かったりするのですが、お札を返す場所、時期など疑問に思う事もありますよね。

一般的に厄払いが終わったからと言っていいわけではなくて、頂いたお札をしっかり返す必要性があります。

お札が災いをなくしているので、粗末に扱う事は出来ないのが一般的な考えですよね。

厄払いのお札を返す時期もしっかりチェックでさよなら厄年!!

厄払いを神社であげると、厄除けのお札をもらいますよね。

災いをなくす為のお札ですが、厄払いをして終わりではありません。

厄除けをしてくれたお札はあるべきところに返納する事が大切になります。

返す時期ですが、一年たったらお守りなどと一緒に神社に返納することが重要です。お札の効力も1年とされているので、一年以上持っていても効力はありません。

一年間、無事に過ごせたことに感謝して、神社に返す必要があります。

返す時期は、年末から年始にかけて場所は神社に返納箱が設置されているところもありますので、そこに返納する事です。

知って安心!!厄払いで頂いたお札の返納方法

厄払いで頂いたお札のその後の事をどうしたらいいのか考えてしまいませんか。

縁起物でもありますので、一般的な考えで、ゴミとして捨てるわけには行かず、そうかと言ってずっと保管するわけにもいきません。

一般的に、効力は1年間ですから、1年経ったらお札は返す必要があります。

返す場所は、一般的には厄払いで頂いた神社に返納します。

返納方法は、年末から年始にかけて神社で、返納箱が設置されますので、そこにお札を返納します。

一般的に、1月15日くらいまで設置されていますが、それ以後は設置されない場合がありますので時期もしっかりチェックする必要があります。

返納の仕方は、設置箱に1年の感謝を込めて個人で返納することが基本です。

返納料などはかからないことが一般的です。

厄払いのお札を処分する方法は!?違う神社でもいいの!?

厄払いをしたけれど、普段初詣で行く神社とは違う神社で厄払いを受けてお札を頂いた場合、返納する場所は頂いた神社でなければいけないのでしょうか。

遠方の場合は、なかなかお札をもらった神社に足を運べない事ってありますよね。

処分する方法は、ゴミ箱とかで捨てるのではなく、前述した通り神社に設置されている返納箱に返納する事です。

一般的に、頂いた神社に返納する事がベストですが、違う神社でも大丈夫です。

違う神社でも、1年間の感謝を込めて返納箱に返納しましょう。

【スポンサーリンク】

まとめ

厄払いを神社で受けると、お札を頂きますよね。お札の効力は一般的に1年間です。

それを過ぎたら返納する必要がありますが、どの場所に返納したらいいのか初めての場合は疑問に思いますよね。

神社において、年末から年始にかけて返納箱が設置されているので個人でお札を返納箱に返納するだけで大丈夫です。

また、お札を頂いた違う神社に返納しても大丈夫です。

一般的に、年始年末に設置されていて、それ以降は設置されない所が一般的ですので早めに返納しましょう。


【スポンサーリンク】


【スポンサーリンク】