薄れを感じる夫婦の愛情は回復するの?愛情曲線データを調査してみた

豆知識

新婚の時は、いっぱい感じられた愛情も子供が成長していくうちに愛情が感じられなくなったりし夫婦の間で溝が生まれることがよくあり、それが原因で離婚という事態になる夫婦も多くなってきている。

特に最近では熟年離婚も増えてきていて、問題は深刻化してきている。新婚当初は、初々しさがあり、何かにつけて愛情が感じれたり、暖かい感情を身体いっぱいで感じることもできたでしょう。

夫婦の間で、愛情の欠落は問題ではありますが、原因があります。第一に「子供」が優先されるという事で、夫婦間での愛情が薄れる事に原因があります。

当然、子供が生まれれば、子供がいない時に比べて、家事や育児などに追われるため、二人でのんびりと過ごす機会も減りますし、愛情表現もできなくなります。その流れで亀裂が入ってしまうのですが、回復はどのようにしたらいいのでしょうか。

そこで、今すぐにでも回復に努められるよう方法を見てみたいと思います。

薄れを感じる夫婦の愛情は回復するの?これからの行先は?

新婚の時は、愛情をいっぱい感じれた良い関係だったが、夫婦生活が長くなると、その愛情も感じれなくなり、愛情表現もなくなりつつあります。

どうしたら愛情が回復するのか。特に子供が生まれて育児などに追われると愛情表現も減ってきますよね。

日本では特に、セックスレスの夫婦も多いのではないでしょうか。確かに、エッチは子供を作る行為ではありますが、愛情表現の一つでもあります。愛を感じるために、エッチをするのは感情を確認するにも大切なことではないでしょうか。

では、逆に愛情が薄れる行為について調査を見てみると、「パパ」「ママ」と呼び合う事や、刺激を失う事が一番に挙げられます。

新婚の時は刺激があるので、お互いのまだわからない心の裏側を探るような感じで刺激を感じれたのです。

この状態では、将来の行く末は「離婚」という形になるのではないでしょうか。

夫婦の愛情表現の仕方は?パートナーからの愛情を確認するには?

やはり、調査によると愛情表現が薄れる原因は、夫婦だけにとどまらず、子供中心の生活になることによって夫婦に溝が生まれてしまうのです。

だんだんと夫婦での会話が続かなくなり、二人デートなんてしなくなるでしょう。

そこで、どんな愛情表現があるのかを調査してみたのであげてみます。

・ 感謝の言葉を口にする
・ 記念日などを忘れない・祝う
・ 一緒に出かける
・ 挨拶をする
・ スキンシップをとる

などが挙げられます。当然のことながら、挨拶をしたり、普段の感謝の気持ちをお互いに言い合うことで嫌な気持ちになる人はいませんよね。

調査で、ライフステージごとにどのように変わるかを表現した愛情曲線ではありますが、この曲線がどのようなタイミングで低下するのかを調査してみると、産後にこの曲線が低下しているのです。

つまり、赤ちゃんが生まれてから、子供中心の生活になることで曲線が低下してきて、愛情表現も低下してきているのです。

ですから、常に愛情表現を忘れずに、子供が生まれても続けることが曲線を低下させない秘訣で、今現在、夫婦間で問題が起きている人にとっても回復の方法の一つですね。

【スポンサーリンク】

夫婦の愛情とは?夫婦間の愛情についての調査結果をチェック

現在、自分夫婦がどれくらいの愛情表現ができているかチェックしてみると、上記で挙げた愛情表現ができているか、という問題です。

近年では、新婚では当たり前にできていたエッチも結婚年数を重ねるにつれてレスになっていくデータも調査では明らかです。上記に挙げた愛情表現をすぐに、やったからといって回復するとは限りませんが、徐々に増やしていくことも大切です。

あくまでも、自分がどの段階のレベルの愛情表現なのかを確認するための指標として参考にしてみてください。

まとめ

新婚の時は、いっぱい感じられた愛情もいつしか愛情が感じれなくなり、その未来の行く末は「離婚」という形になる場合もあります。

子供が誕生すれば、夫婦でのスキンシップや愛情表現も低下して子供中心の生活になることも夫婦間における冷めも、愛情曲線の低下の影響にもなっています。

普段から、挨拶や、ねぎらいの言葉、スキンシップなどを取るように心がけていますか? 多くの夫婦では、徐々にこれらの愛情表現など、当たり前にできている事が薄れつつある事も調査ではわかっています。

触れ合う事、そして、夫婦の時間も大切にして、お互いを尊重しあう事が夫婦として維持していくためには重要不可欠です。

子供中心の生活になるのは仕方ありませんが、夫婦としてお互いの事も考えて協力し合う事も大切だと思います。その為に、夫も育児を手伝ったり、一方に負担がかからないようにしていく事が大切ではないでしょうか。


【スポンサーリンク】


【スポンサーリンク】