スニーカーのゴムの黄ばみの落とし方を紹介!原因が分かれば簡単だった。

お掃除

久しぶりに履こうと思ったスニーカーのゴムが、

いつのまにか黄ばんでいた!ってショックですよね。

でもそのスニーカーのゴムの黄ばみ、
あきらめるのはちょっと待ってください。

スニーカーの黄ばみの原因が分かれば
黄ばみの落とし方も分かるはず。

簡単な落とし方で白さが復活するかもしれません。

スニーカーのゴムの黄ばみをなんとかしたい…落とし方徹底比較!

スニーカーのゴムの黄ばみは
普通に洗っても落ちません。

ゴムの黄ばみの落とし方のコツは

黄ばんでいる表面を削ることです。

軽い黄ばみだったら
消しゴムでこすって落とすことができます。

これでダメな時はメラミンスポンジの出番です。

メラミンスポンジは研磨することによって
表面をキレイにします。

メラミンスポンジを軽く濡らしてから
ゴムをこすってみましょう。

それでもゴムの黄ばみがとれない場合は

スポンジにクレンザーを付けてこするのが効果的です。

黄ばみが落ちてもクレンザーがついたままだと、
それが変色の原因になります。

クレンザーを使った後は水拭きするか、
洗い流すのを忘れないようにしてください。

やり方は、こちらの動画が参考になりますよ。

他には、歯磨き粉や重曹を
ブラシにつけてこするのもありで

実は、これは、歯磨き粉や重曹に
研磨力があるからです。

スニーカーのゴムの黄ばみに漂白剤は効くのか?

漂白剤はスニーカーのゴムの黄ばみには
効かないという意見も多いのですが。

最終手段に「過酸化水素」という
成分が含まれた酵素系漂白剤をTRYしてください。

  1. ゴム部分に漂白剤を塗り、ラップをして日光に数時間あてる。
  2. 綺麗になったらラップをはがし、水で洗い流す。

漂白活性剤と過酸化水素と紫外線を使った
化学変化で漂白できるそうです。

どうしても諦めきれない、という時は
試してみてもいいかもしれません。

【スポンサーリンク】

スニーカーのゴムの黄ばみ…そもそもの原因は?防ぐ方法はある?

スニーカーのゴムの黄ばみの原因は

経年劣化です。

紫外線の影響によって
ゴムそのものが変質して黄ばんでいきます。

また、ゴムを接着している接着剤も
時間とともに劣化し、黄色くなっていきます。

ゴムの黄ばみの予防方法
・ジップロックに入れるなどして、直接空気に触れないようにする。
・乾燥剤を入れて湿気を取る
・涼しい場所に保管する。

まとめ

スニーカーのゴムの黄ばみを落とすのに、
私はよくメラミンスポンジを使います。

最初に使ってみたときは、
面白いくらい黄ばみが落ちて感動しました。

歯磨き粉や消しゴムを使ったこともありますが、
今ではメラミンスポンジがイチオシです。

メラミンスポンジはキッチンの水周りでも
大活躍するので、我が家ではなくてはならないグッズです。

今回黄ばみの予防法についても調べてみました。

残念ながらゴムの黄ばみは時間経過による変質なので、絶対に防げるものではないようです。

でも逆に黄ばんだほうが味があっていいという考え方もあるようです。

おしゃれは足元からと言いますし、スニーカーもきちんとお手入れして気持ちよく歩き出いですね。


【スポンサーリンク】


【スポンサーリンク】