賃貸の保証人不要物件は危ないって本当!?メリットとデメリットが知りたい

ライフスタイル

保証人不要の物件が魅力的だと感じる方へ

これから一人暮らしを始めようとする方、進学のために一人暮らしの賃貸物件を探している人など様々だと思います。その他にもいろんな理由で物件を探している人がいると思います。

アパートからアパートに引っ越したいと考えている人もいるのではないでしょうか?

その際、仕事を辞め無職の身が新天地で暮らそうとした時は保証人不要の物件は魅力的だと思います。

しかし、保証人不要の物件において安全性や生活していく上で事件事故に巻き込まれるのではないかと不安に思う人もいます。

そこで、賃貸物件の保証人不要のメリット、デメリットを紹介していきます。

保証人不要の物件は無職でも入居できるのか?実際のトコロ

保証人がいないと賃貸物件が借りられないと思っている人は多いのではないでしょうか。もちろん保証人不要な賃貸ってどうなんだろうと思ってしまいますよね。

結論から言うと無職でも入居できます。

不動産会社などや大家さんなどの形態によって違いがありますが、不動産会社で「保証人不要」となっている場合は保証会社を通して審査をした上で、保証会社が保証人になるケースがあります。

しかし、この場合、無職の場合は審査が通らない事も多いです。

特に保証人不要の場合は難しいです。

しかし、大家さんによっては、保証人がいなくても賃貸契約を結ぶところもあります。大家さん次第の考えになります。

「保証人不要」の場合は、保証人に立てないような場合の時に入居する際にはメリットになりますが、その分は保証会社への手数料なども加算されたり、家賃が高い場合があります。

それでも、どうしても保証人が立てられない場合には非常に便利になります。

賃貸の保証人不要物件だから審査なし!?賃貸を選ぶとき注意して見たいトコロ

 実際に無職での保証人不要物件に入居が可能であるが、保証人不要の物件は審査がないのか?

賃貸を借りるときは、年収や職業なども審査の対象になります。しかし、無職はもちろん、アルバイトなどのフリーターなども、審査基準に満たない場合もあります。

保証人不要の賃貸の場合は、無職でも入居ができる場合があるので審査はないのか?

保証人不要でも審査はありますが、保証会社の審査を通すことになります。

保証会社が連帯保証人とした役割を果たすので入居が可能なのです。

大抵は、この保証会社に加入が義務付けられます。

ただ、保証人不要物件の場合は、家賃や契約上をよく見てもらいたいです。物件や保証会社などにより契約が別途必要になったり、高く手数料の支払いがあったりします。

また不人気物件だったり、立地条件が悪い場合がありますので事前にチェックする事が注意すべきポイントです。

【スポンサーリンク】

まとめ

保証人不要の賃貸物件は無職でも保証会社の審査が通り加入する事で契約できる場合がほとんどです。

ただし、立地条件が悪かったり駅から遠かったりするので、道中で事件に巻き込まれる可能性が高かったりする場合があるのです。

要は不人気な物件の可能性が高いという事です。

何かしらの事情で、保証人が立てられない場合に保証人不要の賃貸は魅力的ですが、下見や物件情報を見てから決めた方が先決です。


【スポンサーリンク】


【スポンサーリンク】