柿の栄養は妊娠中に摂っても大丈夫?注意点と美味しく食べるコツ

食べ物・飲み物

秋になると、旬のものが多くなります。栗、秋刀魚、柿が挙げられますが、果物の柿は美味しいですよね。

柿にはビタミンなどの栄養素が多く含まれていたりするので、ジャンクフードを食べるよりは、健康的でいい食べ物と言えます。

当然、柿には食物せになども豊富に含まれていたりするので、腸内環境を整える役割も果たしてくれます。

そんな栄養が豊富な果物ではありますが、栄養があるからと言って、甘い柿を妊娠中に食べて大丈夫なのでしょうか。

もちろん、妊娠中は栄養の偏りがないように食事も気をつけなければいけません。

また、栄養が豊富で程よい甘さで食べやすい柿ですが、食べ過ぎると体が冷えて妊娠中には向かなかったりしますが、食べ過ぎなければ大丈夫です。大量に摂取は避け程よく食べましょう。

柿の豊富な種類!一番美味しいのはどれ?食べ比べてみた結果

柿の種類を見てみると、皆さんが想像する柿の種類としては“渋柿”と“甘い柿”なのではないでしょうか。

渋柿は渋を抜かないと当然食べられたものではありません。

渋を抜けば、甘くて美味しい柿です。柿にぶどうなどにも多くの種類の品種があると同じで柿も様々な品種があります。

種類的に見てみてみると代表的な種類として、「富有柿」、「次郎柿」、「松本早生」、「太秋柿」が挙げられます。

それぞれ、甘い感じが強かったり、特徴的なものがありますが、柿にも豊富な品種があります。

個人的に食べて美味しいと感じたの、富有柿です。

結構甘い果実で果汁もしっかりとあり食べ応えのある柿の品種だと感じました。あと太秋柿もサクサクとした感触がたまりません。

数ある柿の種類!一番甘いのはどれ?食べ比べてみた!

上記の章で述べた美味しさに比例しますが、甘い柿はもちろん個人的に感じるのは富有柿です。他の品種の柿も甘い味はありますが、ここまで甘い感じではありません。

そんな甘い柿ではありますが、妊娠中に食べても大丈夫なのでしょうか。

妊娠中は、栄養が大切になります。なんでも大量に食べなければ大丈夫ですが、柿にはもちろん、ビタミン、食物繊維などの栄養素がたっぷりと詰まっています。

大量に食べ過ぎてしまうのは良くありません。冷え性などの原因になるので、控えた方がいいでしょう。

妊娠中は、風邪などの軽い病気も気をつけなければいけませんが、柿に含まれるビタミンは風邪などの対策に効果的になりますが、逆に鉄分などの吸収率を下げる可能性もありますので食べ過ぎには注意が必要になります。

【スポンサーリンク】

柿の保存方法はどうすれば?大量にあっても大丈夫!長く楽しむ方法

季節になると、近所で獲れた柿を大量に貰うことはあります。その保存はどうしたらいいのでしょうか。

もちろん、常温でそのまま保存してしまうと、ぐちゃぐちゃしてしまいます。ちょっと熟れた果物も甘い感じが増して美味しいですが、食べるのに抵抗がありますよね。

これは私が大量にいただいた際にする保存方法です。正しい保存方法ではないと思いますが、綺麗に柿を洗い果実を切り、ジップロックなどの袋に入れて、冷凍庫で保存する方法です。

冷凍みかんと同じような感じで冷凍で保存する保存方法もあります。

正しい方法として一般的に知られている保存方法は、乾燥させないように、ポリ袋などに入れて、冷蔵保存する事で2〜3週間はそのままの食感を保ったまま保存する事が可能です。

大量に戴いたからと言ってすぐに食べるのではなくて、冷蔵などの保存方法で毎日楽しみましょう。

まとめ

秋のシーズンになると、旬と言われるものが増えます。

その1つが“柿”ですが、柿にはビタミンなどの栄養が多く含まれています。その為、冬にかけて流行する風邪などのウイルス対策や免疫力を向上させる為にはうってつけの方法です。

甘いものが食べたくなる時は、ジャンクフードよりも旬の柿を食べた方が栄養も補給できて一石二鳥ですよね。

妊娠中の人も栄養は大事で補給を積極的に摂ってほしいところですが、柿には鉄分の吸収を阻害する成分も含んでいるので、食べ過ぎには注意しましょう。

富有柿が一番甘くて美味しいと感じる種類の柿になりますので是非、食べてみてください。また、大量に戴いた際も乾燥させないように、袋などに入れて冷蔵保存する方法で長期的に味を変えずに保存する事が可能です。


【スポンサーリンク】


【スポンサーリンク】