ノンカフェインとノンカテキンってどう違う?飲み物を例にとって解説

食べ物・飲み物

お茶は1年中ごくごく飲みたいですよね。

様々なお茶に含まれるカテキンは抗酸化作用が強く身体に良いとされていますが、妊婦さんやお子さんへの影響も気になりますよね。

ここでは、ノンカフェインとノンカテキンの違いや意味、代表的な飲み物などをご紹介します。

ノンカフェイン&ノンカテキン! このお茶なら安心

カフェインは身体によくないというイメージは近年の健康志向の向上で広く知られるようになりました。

特に妊娠・授乳中はカフェイン摂取は控えるようにと言われています。そこで進められているのがカフェインを含まないノンカフェインの飲み物です。

しかし妊娠・授乳中はカフェインだけではなくカテキンにも実は注意が必要だったのです。妊娠・授乳中のママさん以外にも、妊活中の人はカテキン摂取もある程度控えた方が望ましいでしょう。

代表的なノンカフェイン&ノンカテキンのお茶は、麦茶、玄米茶です。

この2つならどなたでも安心して飲むことができます。

妊婦さんも安心!カテキン入ってないお茶はこれ

カテキンには葉酸の働きを阻害する作用があると言われています。

特に妊娠初期は胎児の育成に不可欠な葉酸をしっかり取ることが望まれています。1日に1~3敗程度なら気にしなくてもいいと思いますが、飲みすぎには注意しましょう。

そこで

妊婦さんにも安心のカテキンが
入っていないお茶のおすすめは、麦茶です。

麦茶にはカフェインもカテキンも含まれていません。

麦茶の原料は大麦を煎じた茶葉だからです。
どなたでも安心して飲むことができます。

妊娠初期は要注意!カテキンが入ってるお茶

妊娠初期はカフェインの他にもカテキンなどの過剰摂取は控えましょう。

妊娠中は貧血にも悩まされる人が多いと思います。お茶に含まれるタンニンは、カテキンが酸化してくっついたものです。

このタンニンは鉄とくっつく性質があるため、タンニンを多く摂取すると鉄の吸収を抑えてしまい、貧血がひどくなることがあります。

なので妊娠中のカテキンの取りすぎには注意が必要なのです。

カテキンが入っている代表的な飲み物として、緑茶・ウーロン茶・ほうじ茶・紅茶があげられます。

これらのお茶は香りや成分はそれぞれ違いますが、共通しているのがどれも同じツバキ科の茶葉を使用しているという事です。特に緑茶はダントツでカテキンが多く含まれています。

【スポンサーリンク】

まとめ

カフェインやカテキンなど、妊娠中はあらゆる成分に敏感になってしまいますが、どれも過剰に摂取しなければ問題はありません。

頭の片隅に、カフェインやカテキンの作用を置いておいてくれればそれでかまいません。

それでも不安だという人は、ここで紹介した商品をぜひ試してみてください。

あまり神経質にならず、リラックスして素敵な妊婦生活を送ってください。


【スポンサーリンク】


【スポンサーリンク】