花粉症にヨーグルトか効果的って嘘なの?市販のモノは効かない?

食べ物・飲み物

厳しい冬の寒さに耐えて暖かい春が訪れると人は誰もが安心します。春は、別れと出会いの季節でもありますが、一年の中で清々しい季節でもあります。しかし、そんな清々しさはあるものの、花粉症の人にとっては厳しい季節でもあります。

花粉症はアレルギーの反応としては現れるのですが、花粉症にヨーグルトを食べると花粉症が緩和される、対策になるとと言われますが、ヨーグルトを食べても効かないという人もいます。

もちろん、ヨーグルトは薬でもないので、当然治療としては効かないのが当たり前です。

しかし、腸内環境を整えることでアレルギーを緩和する報告もあったり、インフルエンザなどの対策になると言われたりしているので、実際のところどうなのかも含めて見てみたいと思います。

花粉症にヨーグルト!?市販ヨーグルトの効能とは?

花粉症になる原因としては、花粉が飛散してそれを人が、吸い込んだり皮膚に付着したりする事でアレルギー反応を示し、結果として花粉症の症状を発症する次第です。

最近ではアレルギー検査なども簡単に調べる事も可能ですので、何のアレルギー体質なのかを調べて対策をする事は可能ですが、テレビなどで、花粉症にヨーグルトが効果的と言われたりしていますが、実際市販のヨーグルトで花粉症に効果的なのでしょうか。

実際のところ、ヨーグルトを食べて花粉症の症状が緩和したという割合は 全体の3割以下ですので、医学的にみてみると、効果は少ないと言ってもいいでしょう。

しかし、花粉症も免疫機構の働きで発症するもので、体の免疫力を高めるには腸内環境をよくすることが大切になります。そこで、手軽に市販のヨーグルトで試してみては如何かと思います。

効能としては、免疫力のUPでしょう。

花粉症とバナナなどの果物アレルギーや野菜アレルギーに関係はある!?

花粉症もアレルギー反応の一種になりますが、花粉症と野菜やバナナなどのアレルギーは関係あるのでしょうか。食物アレルギーを持っている人もいるので、あながち、関係がないと言うのは嘘になります。

果物をよく食べる人もいると思います。エネルギーの補給にバナナなどを食べる人も多いと思いますが、果物アレルギーと花粉症は密接な関係性があります。

当然、鉱物のバナナなどを食べた後に、アレルギー反応を示すケースもあります。

バナナなどの果物を摂取した後に、花粉と反応をする事でアレルギー反応が強く現れる事もあります。これは、異常ではなくて防衛反応の一種と捉えて問題ないです。

発症する場所は、口・喉などの器官に集中するのが特徴で全身症状は重症化しないとありません。

果物や野菜の種類によって反応するものや花粉の種類などにも変化しますので、自分が何に反応するのかを注意深くみたり、アレルギー検査で果物アレルギーの注意が出るような場合であれば、花粉の時期に、大量のその果物の摂取は控えた方がいいでしょう。

【スポンサーリンク】

花粉症にヨーグルトは効かない!?症状が出てからは病院へ?

テレビなどの広告媒体などで、ヨーグルトを食べると花粉症の効果的というものを目にする事でヨーグルトを食べると花粉症が治ると勘違いする人がいます。

花粉症は、アレルギー反応でありますので、ヨーグルトに含まれる乳酸菌の力で腸内環境を整える事で免疫力が高まるので、ヨーグルトを食べて、花粉症に全く効果がないかと言われると嘘になります。

ただ、花粉症の症状であります、くしゃみ、鼻水などの症状を出にくくする予防としての効果はヨーグルトにはあると思いますが、発症してからの効果は期待できないのが現状です。

花粉症の症状が出てもヨーグルトを食べる事で、食べないよりは効果的ではありますが、治療としての効果は期待できないのが現状です。

まとめ

市販のヨーグルトを食べると花粉症が治ると耳にした事はないでしょうか。ヨーグルトを食べると腸内環境を整える事ができるので免疫力が高まります。免疫力が高まるという事は、アレルギー反応を防ぐ事は可能です。

ただ、花粉症の治療として効果があるのは嘘になりますので注意が必要です。あくまでも、花粉症の治療としては効かないけれども、予防や症状の緩和という段階であれば大丈夫という言い方で間違いないでしょう。

また、花粉症の人は、果物などにも反応を表すケースもあるので、花粉症の人は果物で反応する事があるので、花粉症の時期に大量にバナナなどの果物を食べないようにしましょう。


【スポンサーリンク】


【スポンサーリンク】