里芋の皮むきをレンジで簡単に!美味しい保存方法も紹介!

里芋などを具材にしたに料理が美味しくて煮物に入れたり、サラダなどに利用したりすることもありますが、里芋の皮むきはどうされていますか。皮むきで包丁を使っていると、形がいびつで皮むきしにくかったりしますよね。

そこで、包丁以外に、ピーラーなどを利用した皮むきもと思いますが、簡単に皮むきできる方法はないかと思いませんか。

それに、皮むきしている最中に手が痒くなったりする事はありませんか? 1つや2つの里芋の皮むきするのであれば別ですが、多くの里芋の皮むきとなったら、手で触れる時間も多くなるためかゆみが出てかゆみいと感じてきます。

また、里芋の皮むきと同時に、保存方法などについても見ています。

里芋の皮むき後はどう保存するべき?鮮度を保って長く美味しく!

里芋の皮を剥きている最中、煮物をする際に、里芋の量が多いから、保存したいと思っても、皮むきをした後でどうしようと考えたことありませんか?

鮮度が落ちるなどの理由で、皮むきした後は、保存という方法ではなくて、別の料理で活用したりする人もいます。それの1つの方法でもありますが、皮むきした後の里芋は、冷蔵庫で保存して大丈夫です。

その場合、直で保存はダメですが、タッパなどに水を入れて浸るような感じで保存することである程度、鮮度が保てたまま保存する事が可能です。2〜3日は大丈夫だと思います。

里芋の皮むきはかゆい!我慢していた人必見の予防方法と治し方!

里芋の皮むきをした人はわかりますが、包丁でもピーラーでもそのまま皮むきした後、手のかゆいものは避けたいものです。

1つや2つならかゆいという事にはならないのでしょうけれど、量が多いだけにかゆい感じはあります。

かゆい感じではなくて、確かにかゆいという人はでます。それは里芋に触れているから仕方のない事なのですが、簡単な方法は、食品用の手袋を使う事です。使い手の方がいいと思いますが、手袋を利用する事で皮膚に触れないため、かゆい症状は出ません。

また、洗って乾燥をさせる方法もありますが、急いでいる時には使えない技、方法ですよね。

また、レンジなどで加熱してからむく方法もあります。皮むきでレンジを利用する事は珍しいかもしれませんが、レンジで加熱してむく事で簡単に皮むきができるので、かゆい思いをせずに皮むきができます。

かゆくなる成分は、シュウ酸カルシウムという成分で、この成分は加熱をしたりすると、破壊されてかゆみが抑さえられるそうです。

里芋の皮むきを包丁で!ピーラーが無くてもうまくむける方法とは

包丁などで皮むきをすると思いますが、里芋はいびつな形をしているもの、持ちにくいので、包丁で皮むきをしたりすると手を切ったりして危険が伴います。また、ピーラーなどを利用して皮むきをする方法がありますが、もっと簡単な方法があったらいいですよね。

上記でもかゆい対策としてレンジなどで加熱をすると良いと言いましたが、レンジで加熱をすることで皮むきしやすくなります。すると、皮と身が剥がれて剥きやすくなるのです。

レンジで加熱をするという事は火が通っているので、調理をする際も簡単に調理も可能でオススメの方法です。

また、レンジでチンをしたり、鍋で茹でてからむくときは、簡単に手でむけるので包丁やピーラーなどの刃物を利用しなくても大丈夫な点です。

【スポンサーリンク】

まとめ

国民的と言ってもいいくらい、人気の煮物で、里芋などの具材として利用されたりします。しかし、里芋を利用するのはいいですが、下処理をするときが大変です。

手が皮むきの際にかゆくなったりします。手がかゆくなる原因は、里芋に含まれるシュウ酸カルシウムと成分です。手袋などを利用して包丁などで皮むきする方法もありますが、もっと簡単にかゆいという事なくむける方法もあります。

その方法が、レンジで加熱してからむく方法です。レンジで加熱する事で、かゆい成分は処理されます。

レンジで加熱をする事で、皮と身が剥がれて、さらに、加熱をする事で、シュウ酸カルシウムの成分も抑制されるので、かゆみは無くなり、調理時間の時短にもつながります。

時短で、もっと気軽に料理を楽しみ、美味しいライフを過ごしましょう。


【スポンサーリンク】


【スポンサーリンク】