らっきょうは一日何個食べてもイイ?食べ過ぎたら臭いって言われるかも!

カレーライスのお共に付いてくるらっきょうです。らっきょうを酢漬けをしたもので、カレーライスに合うとされますが、らっきょうの酢漬けは苦手な人もいますが、一方で得意な人もいます。

酢は体に良いとされているので、酢のものは摂った方がいいのですが、酢をとった方が良いと言ってもらっきょうの食べ過ぎはあまりよろしくないのではないでしょうか。

らっきょう自体が体に良いとされていますが、食べ過ぎると、体臭などの臭い、腹痛などの悪疫今日などが挙げられます。そこで、一日にどれくらいの量を食べたら良いのかを見てみたいと思います。

らっきょうの食べ過ぎは腹痛や下痢も!?お口が臭いって言われませんか?

らっきょう自体を苦手とする人も多くいると思います。カレーらいすなどに、らっきょうが付随されてくる場合もありますが、私は苦手なので食べずに残します。

そんな苦手ならっきょうですが身体には非常に良い効能があります。具体的にどのような効能があるのかを見てみます。

・ ダイエット効果
・ 血流改善
・ 腸内環境の正常化
・ 免疫力の向上
・ アンチエイジング
・ 生活習慣病の予防・改善

などの効果が挙げられます。これだけの効果があるなら今まで避けていたらっきょうも食べてみようかなと思いますが、食べ過ぎると弊害も生まれます。

腹痛、下痢などの症状が現れたり、らっきょうの食べ過ぎで口臭などの臭いも気になります。口臭や体臭などの臭いの原因は、ニンニクなどを同様に体内でガスが発生してしまうからだそうです。

一日5こまでが効果を発揮してくれる数だという事です。

らっきょうの酢漬けは妊婦さんにお勧め!?食べすぎには注意しましょう!

適量を食べれば健康的に非常に良い食べ物ですが、妊婦さんにはどうなのでしょうか。効能で、腸内環境を整える事にも効果がありますが、妊婦にとって便秘問題も悩ましいところではあります。

しかし、妊婦で気をつけなければいけない事が、「身体を冷やさないようにする」事です。

身体を冷やしてしまう食べ物はありますよね。では、らっきょうは身体を冷やしてしまうものなのかみてみると、らっきょう自体は冷やす成分などは含まれていませんが、利尿作用のあるものです。

利尿採用があれば、間接的に身体を冷やしてしまうので注意が必要になります。

妊婦さんは、一日5個までとは言わず、食べ過ぎには注意をした方がいいでしょう。

【スポンサーリンク】

らっきょうの酢漬け!おすすめのアレンジレシピを紹介!?

らっきょうは他βすぎなければ、健康的にものすごく魅力的なものとわかりましたが、どうしてもらっきょうが苦手という人は少なくないでしょう。実際に、私もらっきょうが苦手で、見る事自体も得意ではありません。

しかし、アレンジができればアレンジをして食べやすくすれば苦手だったものも食べられるようになるのではないでしょう。

らっきょうの酢で漬け込んだものそのものが苦手な場合は、アレンジをしたとしても原型が残っていたり臭いなどが残っている場合は食べられないという事になりますよね。

すり潰してソースなどにしてみたり、らっきょうなどをみじん切りにして冷しゃぶソーメンなどにしてもいいかもしれません。薬味としての効果も味わえます。

まとめ

らっきょうが嫌いな人は多くいると思います。一日に多くの数を食べる事はないと思いますが、カレーライスなどについてくるなど意外と目にする機会の多いものになります。

らっきょうの効果は、ダイエット効果やアンチエイジング、免疫力の向上など様々な働きがあります。

また酢漬けにされているものが一般的で、酢は身体に非常に良い効果をもたらしてくれます。ただ何個も食べればいいというものではなく限度があります。

みじん切りにしてソースなどに混ぜ合わせてみるのもいいかと思いますし、ソーメンなどの薬味としても利用できます。

ただ、妊婦に関してですが、健康的に非常に効果的なものですが身体を冷やす働きもあります。あまり身体を冷やしたくない妊婦にとって、らっきょうは食べるべきではなく、一般的でも取りすぎると下痢などの症状が出る場合もあるので、一日何個も食べるものではないですが、5個まではベストでしょう。


【スポンサーリンク】


【スポンサーリンク】