ガーベラの花の季節はいつ?育て方は?全部教えます!

豆知識

女性に贈るプレゼントのうち、花束はナンバー1になる贈り物ではないでしょうか。その中で、ガーベラが花束に入っていると嬉しく感じたりします。

ガーベラは、「常に前進」や「希望」、「究極美」とされます。

ガーベラの 花言葉が究極美など、女性としてはもらって嬉しいものですよね、普段は照れくさくて、言葉で直接、言えない事も花束に詰めて、花言葉で愛を伝えてもいいのではないででしょうか。

そんなガーベラですが、どのように作ったり季節的にみてみるといつの季節なのでしょうか。季節はいつでどのように作るのか作り方なども見てみたいと思います。

ガーベラの季節は?花屋さんにはどんな種類のガーベラがある?

花屋さんに行けば、ガーベラは販売されていて、ガーベラでも色などの種類がたくさんあります。当然、ガーベラに限らず、多くの花が多くの色を持っていて、自分好みの色にするのがいいですよね。

いろいろな種類のガーベラを花屋さんでは見る事ができます。

「ガルビネア」シリーズ、「エバーラスト」シリーズ、「ツルーツケーキ」

シリーズなどの種類があります。

咲き方も種類によっては様々で「一重」、「半一重」、「八重咲き」、「スパイダー咲き」などの咲き方もあります。

開花する季節としては、3〜5月、9月〜11月が開花の季節になりますので、春と秋、ガーベラを楽しむことができます。

可憐でかわいい!ガーベラの花束の作り方

いろいろな花を詰めて花束を作ることはできます。花屋さんに行かずとも、花束を綺麗に作る方法、作り方を見てみます。

作り方としては、綺麗の作ることができれば、ブーケのような感じに仕上がります。ガーベラの花びらは反り返りやすいですし、茎の葉が付いていないタイプが多いです。

作り方としては、少し面倒になるのですが、他のカーネーションやかすみ草などミックスして、ガーベラを引き立たせるようにしたらいいのではないでしょうか。

ガーベラを主体として出来上がった花束は綺麗で見ごたえのある花束になりますよ。

【スポンサーリンク】

ガーベラの花束を家で長持ちさせる方法

花束をプレゼントで頂いたりする事もあります。当然、花には寿命があり、どんなに工夫を考えても、萎れちゃったりしますよね。そこで、少しでも長持ちさせる方法はあればいいですよね。

長持ちさせる方法の1つとして、漂白剤などにつけておくという方法もあります。漂白剤に浸け込む事で、花の劣化を防ぎ、結果として長持ちさせる事ができるのです。せっかく、きれいな花を少しでも長持ちさせたいですよね。

ガーベラは繊細な花で、暑さにも寒さにも弱い植物です。温度管理などをある程度徹底しないと、すぐに枯れてしまうのです。長持ちさせる為に極力、対策を練る必要があります。

まとめ

贈り物として花束はオーソドックスだと思います。その中で、ガーベラという花の種類はいつの季節の花なのでしょうか?

ガーベラは春と秋に咲く花です。育て方としては、きれいな水で、暑さ寒さに弱いので、温度だけを気をつけます。

花束を作る際も、ガーベラの花びらは、反り返りやすいので、花束にする際は注意が必要です。

また、戴いた花束を漂白剤などにつけておくと、長持ちします。長持ちしたら、いつまでも部屋を彩ってきれいですよね。

綺麗なものに癒されるのは心が浄化されます。


【スポンサーリンク】


【スポンサーリンク】