ドライアイス 処分の仕方どうするの?あなたの処理の仕方危険かも!

豆知識

ドライアイスの処理ってどうされてますか?

デパートでアイスクリームなんかを購入すると
箱にアイスがとけないようにドライアイスをいれてくれますよね。

でも、あれってアイスを食べた後、

このドライアイスはどう処理すればいいの?

って いつも迷ってしまいます。

子供の頃に素手でドライアイスを触って火傷をした
のでドライアイスって怖いイメージがあるんですよね。

今回は、そんなドライアイスの処分の仕方について調べてみました。

ドライアイスの捨て方はどうするの?処理に困ったら

そもそもドライアイスって
どうやって出来ているかご存知ですか?

ドライアイスって以外と作るのは簡単なんです。

ドライアイスを作るには
二酸化炭素を− 78.5度まで冷やして

凍らすだけでドライアイスが出来るんです。

簡単に出来るので、実は捨て方も簡単なんです。

ドライアイスの処理の仕方は
いくつかありますが、

一番簡単に処理する方法は

ドライアイスをそのまま冷凍庫に入れておく方法があります。

冷凍庫は通常だいたい氷点下18度に
保たれてますので

ドライアイスをそのまま冷凍庫に入れたら、

時間が経つとドライアイスはCO2になり
消えてなくなります。

これが一番簡単に処理する方法かもしれません。

その他のドライアイスの処分の仕方ですが、
私のお母さんはよくベランダにポイと捨ててましたね。

こんなん風通しの良い場所に置いとけば
消えてなくなるからって

一つだけ、注意しないといけないのは

ドライアイスを風通しの悪い室内で

放置したりすると

二酸化炭素CO2が溜まってしまい、
酸欠になる可能性があるので注意して下さいね。

あと、ドライアイスをビニール袋みたいな
物に入れて密封すると

破裂する恐れがあるので絶対に辞めて下さいね。

ドライアイスの処理の仕方は? 排水溝に流してみいいの?

あなたも一度は考えた事があるのではないでしょうか?

ドライアイスを排水溝に流したら

ドライアイスにお湯とかかけると煙がモクモクと出てきてちょっとビビりますよね。

あの煙で酸欠になったりはしないのでしょうか?

ドライアイスって
排水溝に流してもいいのでしょうか。

調べると、ドライアイスですが、台所の
排水溝で処分しても問題なさそうです。

ドライアイスを排水溝に流すと煙がでますが、
ケーキやチョコを買ったときに入ってる

ドライアイスぐらいでは酸欠にはなりません。

もし、ドライアイスの煙が気になるなら、
ベランダに置いて自然に揮発させてみるのもありです。

ほっとけばあっというまになくなりますよ。

あえて、お湯や水をかけなくてもそのまま
放置しておけばいつの間にかになくなります。

それでも酸欠が不安な方は、
換気扇をまわしておけばおけーです。

私は、ベランダに置いていますね。

まあ、冷蔵庫の中に入れておいても
無くなってしまうので、それが一番楽かもです。

屋内の特に閉鎖した室内では
酸欠になる可能性もありますので注意しましょう。

普通に外においておけば勝手に消えます。

【スポンサーリンク】

ドライアイスを密閉した容器(冷蔵庫等)に入れておくと危険って本当?

はい。とても危ないです。

大怪我につながはる事故もあるみたいなので

注意して下さいよ。

ドライアイスを冷蔵庫に入れても大丈夫ですが、危ないのはビンなどの密閉容器に入れる事です。

ドライアイスを密閉容器に入れると破裂します。

これは絶対に辞めて下さいね。

ドライアイスをお湯、熱湯に入れたらどうなるの?

ドライアイスにお湯にいれたら

ドライアイスは普通に溶けて白煙があがりますが、
湯気 煙?の量が半端ないです。

密室でやると白煙で
呼吸が苦しくなるので気おつけて下さいね。


【スポンサーリンク】


【スポンサーリンク】