夏休みの宿題に出る作文には何を書く?中学生の題材とは?

夏休みの宿題に人権作文がでたという方はいらっしゃいますか!?
中学生で人権作文といわれても、すぐに書き出せない方が
大半ではないでしょうか。

どんなテーマで書いたらいいの?

体験したことって言われても分からない…。

書き方は?コツは?
今回は気になる人権作文のテーマや書き方について紹介します。

人権作文の書き方とは?中学生が書きやすいテーマが知りたい

人権作文とは!?と聞かれると大人でも
ぱっと答えられない人もいらっしゃると思います。

人権をテーマに自分が経験したことや学んだこと
思ったことや考えたことを書いた作文のことです。

下記の法務省の人権作文の書き方が分かりやすいですよ。
http://www.moj.go.jp/content/001288669.pdf

といわれても…具体的にはどんなテーマがあるのでしょうか。

中学生が書きやすいテーマを紹介しますね。

例えば

  • いじめ問題
  • 人種差別
  • 障害や病気による差別
  • 男女平等
  • インターネットによる人権侵害

 

では実際に書き出しはどのような内容から始めればいいでしょうか!?

人権作文に効果的な書き出しとは?魅力ある作文の書き方とは?

人権作文の書き出しはどのように書いたらいいのか…
書き出しには興味をひきつける文章が欲しいですよね。

あなたがこの人権作文を書こうと思った“きっかけ“は
どうでしょうか!?

「私の○○(家族)は、外国人です。」
「小学校の時、クラスにはいじめがあった。」
「私には障害者手帳を持つ兄弟がいる。」

作文を書くときは起承転結が大事です。

①きっかけ
②具体的なエピソード
③あなたはその時どうしたか、どう感じたか
④その経験を通してこれからどうしていくか

 

この4つは忘れずに盛り込みたいですね。

次に、具体的にどんな作文を書いたらいいのか例文を読みたい

という方もいらっしゃるでしょう!

 

参考にしたい人権作文を紹介します。

【スポンサーリンク】

夏休みの思い出を魅力ある作文にしたい!参考になる例文とは?

夏休みの思い出を魅力ある作文にしたい…でも
どう書けばいいのか分からないという方もいらっしゃるでしょう。

参考になる例文があればな…と思っている方必見です。

もしあなたが書き方に迷っているなら法務省のHPにある
第38回全国中学生人権作文コンテスト入賞作文集が
参考になるでしょう。

こちらに一度目を通してみてはいかがでしょうか!?

http://www.moj.go.jp/JINKEN/jinken04_00201.html

書きやすい内容はやはり、実際の体験・見聞きしたことです。

経験がなければ中身の薄い作文になってしまう恐れがあります。
でもなかなか夏休みにそんな経験をする人ばかりではないですよね。

昔の事でもいいと思います。

小学生時代の話、昔行った旅行先での出来事
それを思い返して今のあなたならどう感じるか

どうしたら良かったのか?など。

夏休みの宿題だからと言って夏休みに体験したことだけでは難しいですよね。

夏休みに思い返した昔の出来事でもいいでしょう。
書きたい内容がないか、今までの経験を思い返してみましょう。

まとめ

人権作文って難しいですよね。
私も学生時代何を書こうかとても迷った覚えがあります。

まずは、日常生活の中であれ?っと感じたことがなかったかを
思い返してみましょう。

あなたらしい人権作文が書けるように応援しています。
頑張ってくださいね。




【スポンサーリンク】


【スポンサーリンク】