香水は付け方次第で嫌われるって本当?出来る男はスプレーを服につけるの?

美容・健康

すれ違うときにふわっといい香りがするのは素敵だけど、電車で香水がきつい人が隣にいたら…正直逃げたいですよね。

最近では香水や柔軟剤の使い過ぎは香害と呼ばれ、問題になっています。

実際に香水の香りが原因で、頭痛や吐き気がする人がいます。

たまに姿はなくても、さっきまであの人がいたとわかるくらい香りがきつい人がいます。

自分では慣れてしまって、わからなくなってしまっているんでしょうね。

あなたも自分では気づかないうちにどんどんつける量が増えていませんか?

香水のスプレータイプの付け方は、基本的にワンプッシュでOKです。

鼻歌交じりに何プッシュもつけるのはNGです!

ふんわり気づくか気づかないかくらいの香りのほうが好感が持てますよ。

香水を服につけるっていいの?悪いの?

香水は基本的に肌につける前提で作られていますが、ハンカチや服につけるほうがほのかに香って好きだという人もいます。

ただ、シルクなどシミになりやすい素材もあるので、服にはつけないほうが無難です。

革や毛皮もダメージを香水が直接つくと傷むので、やめたほうがいいでしょう。

香水の正しい付け方をマスターして男を磨こう

香水の付け方は男女どちらも基本的には変わらないそうです。

一般的に、上半身につけると強く香り、下半身につけると柔らかく香ると言われています。

香水を首筋や手首につける男の人は多いようですが、 どちらも強く香りやすい付け方で、つける量を間違うと印象が悪くなってしまう可能性が高いです。

特に食事の席では、ごはんの匂いと混じって相手を不愉快にさせるかもしれません。

香水ビギナーの人は、ウエスト、太もも・膝の内側、足首といった下半身に香水を付ける方法から試したほうがいいと思います。

定番!!ふんわり香る香水の付け方はくぐる!!
ふんわりに香る方法として定番なのは香水の下をくぐる付け方です。

空中にスプレーをひと吹きし、その香水のミストの中をくぐるようにします。

自分で香水の香りがわかるかわかならいくらいの付け方で、香りがきつくならずおすすめですよ。

自分で香りがわかる時は、たいてい香水のつけすぎですからね!

【スポンサーリンク】

まとめ

香水は五感の一つである嗅覚を刺激します。

自分自身のリラックスやリフレッシュ効果で付ける人も入れば、自分を魅力的に見せるアイテムとして取り入れている人も入るでしょう。

香りは自分だけではなく、まわりの人も感じるので、使う時にはTPOを考える必要があります。

病院では特に避けたほうがいいと思います。

香水はつけ過ぎは嫌われますが、うまく取り入れている人はおしゃれで魅力的です。

汗臭い、たばこ臭い人よりは、ほのかにいい香りのする男性の方が好感度は高いです。

香水の付け方の基本をおさえて、ぜひチャレンジしてみてください♪


【スポンサーリンク】


【スポンサーリンク】