日本の税金が高すぎる理由とは?日本の税金の使い道を一覧で紹介

消費税10%

生活の中で、消費税の増税はきついです。日本における税金は高すぎる気はしませんか?

日本における税金の量は半端なく多いです。「消費税」、「自動車税」、「市民税・住民税」、「所得税」…など数を上げればキリがないくらい多く税金がかけられ高すぎるとかんじている人は多くいると思います。

税金の使い道は一体どういう使い道なのでしょうか。税金の使い道と、税金の一覧を交えながら見てみたいと思います。

そもそも、税金が高い理由も知りたいですよね。日本は税金が「高い」とかんじている人もいますが、世界を一覧で見た際、比較すると世界よりは暮らしやすかったり、日本だけが特別税金が高いというわけでもなさそうです。

日本の税金が高い理由とは!?

税金が高い理由は、日本の国債。

つまり国の借金が原因です。

何故、日本がそれほどまでに借金を抱えているかと言いますと、一番は社会保障の部分でウエイトを大きく占めています。

一番は医療保険ではないでしょうか。

国民に、健康保険の加入を義務づけています。保険はかけていても、保険を利用する割合が高いのが、高齢者です。高齢者は、ある年齢になると、負担金が少なくなるので、医療に通いやすくなるわけです。

日本は高齢化社会になっています。

当然、高齢者も割合が増えれば、社会保障も活用が多く必要になり、保険の負担だけではおっつかなくなるのです。

そこで、その補填をすると言っても過言ではない、どこかで税を上げなければいけないのです。これが、日本における税金が高い理由ではないでしょうか。

日本の税金の使い道を調べてみた結果!?

頑張って働いていたのに、所得税などで税金が引かれていたらガックリしますよね。それだけでモチベーションが下がるなんて人もいるのではないでしょうか。

そもそも所得に応じて所得税を課すのはどうかと思いますが、日本だけではなく、世界においても所得税はかせられています。

なぜそこまで税金がかかってしまうのか。

大きな部分は“社会保障”に充てられます。そこで税金の使い道について、一覧で見てみたいと思います。

  • 社会保障関係
  • 国債
  • 地方交付税交付金
  • 公共事業関係
  • 文教、科学振興

などが税金に使い道になります。

税金の使い道でみてみると、我々が平凡に暮らしていく上で、非常に欠かせない部分もあります。特に、社会保障関係や公共事業関係などは生活では必要になります。

ここが日本の税金が高い理由の1つではないでしょうか。

【スポンサーリンク】

税金の使い道を一覧で紹介!?

前項目で税金の使い道を見てみました。

税金の使い道として大部分は生活上に欠かせない役割のものに充てられていることがわかります。そこで、具体的にどのような内容なのかを説明してみたいと思います。

  • 社会保障関係…医療・年金、介護、生活保護など生活の財政源となるもので生活上、恩恵を受けるものに充てられています。
  • 国債…過去に日本が作った借金の返済に充てられています。
  • 地方交付税交付金…本来は地方の財源になるべきものですが、国が一旦徴収を行っています。
  • 公共事業関係…町の整備や住宅支援などを行っています。
  • 文教、科学振興…教育関係であったり、科学的な振興・発展の為の費用になります。

一覧で見てみると税金の使い道は多種多様に広がりを見せています。しかし、改めてみてみると、税金の使い道は我々の生活上欠かせないものです。

まとめ

日本の税金がなぜ高いのか。

税金の使い道なども見てみたいと思います。税金が高い理由は、それだけ生活上必要最低限のものが存在しているからと言えます。

具体的には、“社会保障”の部分もそうでしょう。

税金の使い道を見てみると、社会保障関係、国債、公共事業関係などに一般的に利用されています。具体的に、我々が普段、生活上必要最低限の生活を送る上で重要なものに充てられているのです。

その充てる事が多いので税金が高くなるのです。

しかし、世界的に見てみても高い事はなく、日本だけが特別高いわけではないので、そこは安心して生活を送る上で重要なかけるべきものだと思いましょう。


【スポンサーリンク】


【スポンサーリンク】