消費税10%はいつからに決まったの?軽減税率の対象品目を一覧で紹介!

消費税10%

消費税が来年の10月から10%になります。

消費税が単純に上がるということが
不安の生活もダメージを与えることになります。

例えば、食品などもそうですよね。

消費税10%はいつからに決まったの?軽減税率とは!?

消費税の分、給料が増えればいいですが、
給料が今までどおりの支給であれば、

支出する部分を減らす必要性があると思います。

しかし、そうなると家計などに響く

という事で海外で導入されているような
軽減税筆をとるかもしれません。

スーパーなども対象品目があったり、
一覧化されているので

その対象品目の一覧に沿って軽減税率が適応されるのです。

そもそもいつから消費税が上がるのか
わからない人もいるので、

まずは、いつから消費税が上がり、
これからの買い物の際の参考にしてほしいと思います。

軽減税率の対象品目を一覧で紹介!?

そもそも、軽減税率の対象品目を見てみます。

外食などの店内で食べるものは
10%の消費税が加算される仕組みですが、

テイクアウトなどのものに関しては、
軽減税率が適応される仕組みになっています。

 

低所得者でも、

安心して購入ができるように今までの同じ
現行の消費税で買い物ができるようにしているのです。

 

一般的な一覧で見てみると大変ですが、
大きく、外食やお酒は軽減税率の対象外で、

それ以外は軽減税率の対象になりうると考えてよろしいと思います。

それを詳しくみるために、

インターネットなどでも一覧化されているので、
参考までにアクセスしてみてください。

軽減税率は医薬品も対象か!?

生活の必需品といえるのが医薬品でもあります。
中には、医者に行って処方してもらった方が

安く薬が手に入ると考えている人がいますが、
手軽に買えるのが、一般薬です。

しかし、医薬品の一覧で見てみると、
軽減税率の対象外となっているのです。

理由は、食品でもないからです。

ですから、普段、サラリーマンが
愛用しているようなドリンク剤などは

 

“10%”となるわけです。

 

医薬品・医薬部外品に関しては、
軽減税率が適応されないのです。

軽減税率とは!?スーパーで買って軽減されるのは何!?

お待たせしました。

主婦や、我々が生活していく中で
一番大切になるのが、普段の買い物です。

服などの買い物もそうですが、食品は大事ですよね。

毎日、外食というわけにはいきませんよね。

そこで、自宅で簡単に作れちゃう食材を
購入する事が多いと思います。

スーパーで軽減税率が適応されると、主婦たちは大喜びです。

スーパーでその品目が軽減税率に
適応されるのか見てみると、

加工食品であったり、一般的な食材です。

アルコール飲料などは軽減税率を受ける事は出来ません。

これは、アルコールは、食材といえるか
というと一般的に嗜好品の部類に入りますよね。

この軽減税率対策が来年の消費税が
上がった際から適応されるので、

詳しい適応品目一覧は見て見てるといいでしょう。

【スポンサーリンク】

まとめ

2019年10月から消費税が10%に引き上げられます。

これは、前々から決定していることで
遂に適応されるということになったのです。

消費税が10%になると、様々な部分でダメージを受けてしまいます。

例えば、普段の生活の中で、
一番の食事の部分です。

スーパーなどで購入する食品が
消費税のダメージを与えたら

それこそ家計に響きますよね。

ただ、軽減税率が適応されます。

普段食べるであろう、食品関係は
軽減税率の適応を受けるので

現行の8%のままで大丈夫です。

ただ、医薬品などの口にしないもの
に関しては、

この軽減税率を受ける事は出来ないので注意が必要です。

また、アルコールなども普段から
嗜んでいる人もいると思いますが、

アルコール関係も軽減税率を受ける事はありませんので注意しましょう。


【スポンサーリンク】


【スポンサーリンク】