消費税10%への増税の時期は確定したの?いつからか国税庁のHPを見たら!

消費税10%

消費税が増税されて、10パーセントになります。

その時期が確定していまして、

来年の2019年の10月から
消費税が10パーセントになります。

消費税増税の時期が確定したので、
これから経済状況も変わっていく事でしょう。

テレビのニュースや新聞などから消費税が
増税されるという事は知っているかも

しれませんが、いつのタイミングでいつ
決定したのかわからない人も多いと思います。

消費税10%への増税の時期は確定したのか!?

消費税が10パーセントになるという方針は、
実は最近ではなくて、

結構前から言われていました。

2014年に諸費税が8パーセントになった
記憶は新しいと思いますが、

2015年10月から10パーセントにする方針でいたのです。

それが2019年に確定した理由は、
8パーセントに消費税を引き上げた際、

消費が落ちたためです。

いつ決定したのかは
ずっと前に戻ることになりますが、

いつから消費税が10パーセントになるのか、
それを踏まえて対策を考えましょう。

消費税10パーセントの経過措置とは!?

消費税が10パーセントになりと確定して、
困るのが、譲渡などの取引をしている人で。

当然、消費税が改正した来年の10月以降、
10パーセントになると

暗い思いになっているのではないでしょうか。

ただし、条件として10パーセントが
確定していても、

譲渡などが改正前に行われていた場合は、
改正前の8パーセントとの税率が適用されます。

この事を経過措置と呼んでいます。

消費税率10%はいつ決定したのか!?

税金は、国税庁が管理管轄しているもの
ですので、国会で増税が決まると

国税庁で税金の改正内容などを管理しています。

すでに、10パーセントの消費税がかかる
ようになると国民の人は知っているでしょう。

延期されて現行の8パーセントとなっていた
のが幸いなだけですが、

いざ、実際に、10パーセントを目前にすると、準備も大変になります。

当然、経済状況なども変わりますし、
住みにくい世の中になります。

それでも、その限られた中で、
やりくりをしているわけですが、

この10パーセントに確定したのは
平成28年のことです。

もともとは、2015年には
10パーセントにしたい案だったが、

消費税8パーセントにした時の、
消費の減少により、延期になりました。

購入するものにかかる税率が変わるみたい
ですので、その点は注意が必要になります。

【スポンサーリンク】

消費税増税10%はいつから!?国税庁のHPをみてみた!?

国会で、諸費税が増税されることは知っていることでしょう。

では、具体的にいつから改正されるのか
見てみると、国税庁のHPなどの他に、

テレビなどの政治ニュースなどでも言われている問題です。

国民一人一人に関わる問題ですから、
逐一チェックをする必要性はあると思います。

具体的にいつから消費税が上がるのか見てみると、
2019年の10月から消費税が増税されると
確定しています。

消費税増税前に大きな買い物をする事で
少しは増税の影響も少なくダメージも少なくて済むのかなと思います。

まとめ

国民一人一人が注目している社会問題は、
消費税問題だと思います。

いつ消費税が引き上げられるのか。

それまで、消費税対策をどのように
していくのかが問われます。

こう税調のホームページなどを閲覧すれば、
明確な時期が明記されていますが、

2019年10月から消費税は10パーセントに引き上げられます。

消費税がいつ決定したのか見て見ると、
だいぶ前から消費税が10パーセントになるのを延期してたのです。

8パーセントの消費税率になった際に、
消費の量が減った影響もあり、

さらなる増税が延期された経緯がありました。

いつから消費税が10パーセントになるのか
チェックしていく必要があります。


【スポンサーリンク】


【スポンサーリンク】