消費税10%はいつ決定したの?今回も再々延期の可能性はあるの?

消費税10%

2019年の10月から
消費税が10%に引き上げられます。

消費税増税は延期されてきましたが、
2019年の消費税増税は延期の可能性はありません。

再々延期も期待できません。

10%に消費税増税の話は、
8%に消費税が上げられた時の

計画から消費税10%の話は
持ち上がっていましが、

消費量が減った為、現状の8%で様子を見る形になりました。

消費税が上がるという事は、
所得が増えなければ

生活にダメージが加わり今までのように
消費する意欲は減りますよね。

再々延期されてきた消費税増税ですが、
いつ決定したのでしょうか。

延期された理由なども含めて見ていきたいと思います。

消費税10%への増税の再々延期はあるのか!?

2014年4月から消費税が5%から
8%に増税されました。

その際、消費量が減りました。

国の借金を減らす対策として、
消費税増税を目論んだわけですが、

消費量が減少して、消費税から赤字を回復させる事は困難でした。

そこで、10%の消費税も計画の中には
あったのですが、

延期という形になったわけです。

いつ10%の消費税が上がった
かと言われると、

8%に消費税増税の際から計画はあったわけです。

いつ決定したかは、
前々から計画の中でありましたが、

曖昧にされてきましたが、

今回における消費税増税の延期、
再々延期はないと考えた方がいいです。

消費税増税が再々延期される可能性はどれくらい!?

角界では、10%増税に伴い、
低所得者における救済や軽減税率など

の対策などに追われていてるが、

財政困難で軽減税率の適応なども
曖昧になっている部分もあります。

消費者が、何が軽減税率の適応かも
把握されないまま、消費税増税は

厳しい状態になると見込まれ、

2019年から消費税増税が
決まっているわけですが、

可能性としては低いですが、

この問題から消費税が現行のままの
可能性も出ていているわけです。

しかし、延期が続いての今日ですから
このまま再々延期になる事はないでしょう。

可能性しては、かなり低いと思います。

現行のままで延期になれば
生活をする側としてはありがたい

と思いますが、

消費税を上げなければ
借金が膨らむわけですから。

しかし、消費税増税の延期は、
今回はないと考えた方がいいでしょう。

消費税増税の延期はもうない!?2019年10月に10%に!?

再々延期されてきた消費税増税ですが、
今回は延期になる事はありません。

そのかわり、生活弱者を救済する為と
言っても過言でもない救済措置をとる運びになりました。

軽減税率のシステムを導入したのです。

生活に必要最低限のものに関しては、
消費税増税をせずに8%のままで、

それ以外のものは10%の消費税へと引き上げられるようになりました。

この事からも2019年10月からは
消費税増税が確定していると言ってもいいでしょう。

【スポンサーリンク】

まとめ

国民から平等に税金を徴収できる方法
と言えば、消費税を増税させる事です。

しかし、前回8%に増税された際に、
消費の量が減少して、増税の効果があまり見られませんでした。

そこで、10%の増税は再々延期
されてきたわけですが、

今回の消費税増税は延期される事はなさそうです。

根拠としては、

生活弱者を救済・保護する目的でも、
軽減税率を導入しています。

軽減税率とは、

我々が生活で最低限必要なものに関しては、
現行の8%の税率のままで大丈夫という事です。

この軽減税率を導入する運びになった背景には、もう延期がないと考えていいでしょう。

いつ決定したかと言いますと、
2014年の時点で

消費税10%は決まっていましたが
延期になっていました。

その計画がようやく試行する運びになったのです。


【スポンサーリンク】


【スポンサーリンク】