消費税率10パーセントのメリットデメリットとは?賛成する理由が知りたい!

消費税10%

消費税が8パーセントから10パーセントに引き上げられますが、消費税が10パーセントに増税された際のメリットデメリットは何なのでしょうか。

もちろん、消費税増税における社会の変動などの影響も挙げられますがメリットデメリットももちろんあり、それぞれみてみたいと思います。ただ、デメリットしかないと考える人もいます。

消費税増税で賛成をしている人はどのようなメリットデメリットで賛成しているのかなどを含めてみてみたいちと思います。また、個人的な消費税増税に関するコメントも含めてみていきたいと思います。

消費税率10パーセントのメリットデメリットとは!?

消費税増税に伴い、デメリットしかないと考えると思いますが、具体的なデメリットとはなんでしょか?

 

  • 家計に響く
  • 支出が多くなる
  • 買い物がしづらくなる

 

など、重複しそうな意見や内容もありますが、これらの事が一番のデメリットとしか捉えない事も多いでしょう。

 

もちろん、この内容は一番我々に降りかかる問題で、払拭できない問題でもあります。

 

例としては、3000円の買い物をした際をあげてみてみます。

従来では、3000円+8パーセント=3240円

消費税増税で、3000円*10パーセント=3300円となります。

これは、また低い金額になりますが、車などの高級部類の買い物になると大変な額になります。100万の買い物で8万のところ10万の消費税を払う必要が出てくるのですから。

このように図式でみてみると、デメリットしかないように思えると思いますし、実際、消費者の視点でみてみると、デメリットしか見る事ができません。

消費税増税に賛成・反対の理由を教えて!?

消費税増税で反対の意見は上記で述べた通り、支出が増えるからが一番の理由だと思います。それ以外にも理由はあると思いますが、一番多い理由でしょう。

賛成の意見をみてみます。デメリットしかないと考える人もいますが、実はメリットもあります。そのメリットとやらを見てみたいと思います。

メリットを見てみると、法人税などで賄う手もありますが、それだと不公平な部分もあります。ところが消費税で賄おうとすると、平等に徴収できるメリットがあります。

ただ、低所得者に対しては、消費税の負担は大きかったりしますので、注意が必要になります。

消費税10%への増税で景気はどうなる!?

消費税増税で心配されるのが景気の問題です。消費税を増税する事により、消費者の消費の量が極端に減少する可能性も考えられます。

スーパーなどのもの売りは商品が売れなくなるので、当然と景気は悪くなる傾向にありますが、軽減税率が適応される事により少しは改善される可能性もあります。

効率よく、国民から税金を徴収する事が可能ですが、企業への影響は影響が全くないとは言い難いのが現状です。

【スポンサーリンク】

まとめ

消費税増税におけるメリットデメリットを考えた際に、デメリットしかない事が伺えます。それは景気の低下です。

消費税が増税されれば、消費の量が減るのが現状です。そこで賛成の理由がないわけです。賛成という意見は、平等に税金を徴収できるし、食料品などの必需品などからは必ずと徴収する事ができるのが特徴です。

消費税が増税される事により家計にダメージを与える事は間違い無く、デメリットしか考えられないのが特徴になります。

勿論、公平に徴収される形が悪いわけではないですが、増税しても給料体系などのあり方が変動しなければ、消費税だけを増税しても、支出は困難になるのではないか、と個人的には思っています。


【スポンサーリンク】


【スポンサーリンク】