今年の時代祭は天候理由で中止??なら払い戻しはあるの?

楽しみにしていたイベントや行事が、雨などの影響で中止になってしまう事があります。中止になってイベントを楽しみにしていた人は、残念ですし、チケットなどの払い戻しなども面倒になりますよね。

 

雨の影響で、事故などを防ぐ意味でも中止にした方がいいのでしょうけれど、せっかく、有料観覧席を抑えていた人にとって中止は切なくなりますよね。

 

京都で行われる時代祭2018ですが、時代祭のメインいいベンチといえば、時代風俗行列です。

 

この行列が見所で、多くの観客を読んでいるようなものです。

 

そんなイベントが雨で中止になったら大変ですよね。そこで、雨で中止になった場合は、チケットの払い戻しなどはあるのか見てみたいと思います。

 

京都の時代祭が雨で中止!天候不良が理由では初めて

 

野外で行われるイベントや行事は天候などの事情で、イベントが中止になったりする可能性もあります。雨で足元が悪くなり、怪我をする人が出たら、主催者側は、落ち度がなくても責められますよね。

 

京都で有名な時代祭ですが、雨で中止になる事もあります。テレビのニュースなどで、雨天決行して事故などが起こり、主催側のイベントの運営やリスク管理ができていなかったのではないか、いう事案が報道されていたりします。

 

悪い印象を与えるより、イベントそのものを中止にして、安全を重視する事を選ぶのでしょう。

 

2018年は、大型の台風などの接近がなければ、行列は開催するそうですが、2017年の時代祭は台風の接近に伴い“中止”になりました。突然の豪雨で予測ができない状態での開催なら仕方ありませんが、天気予報や、大型の台風で接近が見込まれる場合は、あらかじめ中止とアナウンスした方がイベント会場で中止を発表するよりもいいでしょう。

 

2018年は、よほどの雨が予想されない限りは、決行されます。

 

時代祭の有料観覧席の座席表を取られた方へ

 

雨天で開催が中止になるのはいいですが、有料観覧席の座席表を取られた人はショックは大きいでしょう。大抵のイベントでは、イベント途中での雨でイベントが中止になった際の座席表の払い戻しはどうなるのでしょう。

 

雨などの天候不順で中止になった際、コンビニなどの窓口で払い戻しの手続きが昨年2017年は行われました。ですから、有料観覧席の座席表を取得されている方でも手続きさえ行えば、払い戻しが可能でした。

 

イベント自体が中止になり。浮いてしまうのはしかたありませんが、チケット代が払い戻しになるのは嬉しいですよね。

 

【スポンサーリンク】

時代祭に伴う交通規制について 2018年

 

盛大なイベントを開催するにあたり、交通規制も行われます。当然、普段は、生活道路や幹線道路として機能している道路もイベントなどでは、通常通り通行が困難で規制されます。

 

イベントに参加される方は、特に交通規制が行われても問題はありませんが、仕事などでイベントとは関係のない人が、その道を通行したいという事になると、交通規制の情報などが遅れてしまうと、迂回路なども渋滞などのリスクがあります。

 

当然、渋滞などのリスクがあれば、事故などのリスクも高まるのです。

 

交通規制の場所ですが、時代祭の行列が行われる場所は交通規制が掛かってしまいます。行列が通行するので、乗り物 が通行したら大惨事ですよね。

 

10月22日の行列の日に交通規制が行われるので、当日、通行される方は十分気をつけてください。

 

まとめ

 

2017年は、台風による影響で時代祭が中止になりました。野外で行われるイベント行事は天候不順で中止になったり延期になったりします。当然、事故などのリスクを考慮した結果が“中止”なのでしょう。

 

急な中止で、有料観覧席の座席表を持っていらした方はさぞがっかりするでしょう。ただ、払い戻しもありますの情報をチェックしましょう。

 

しかし、事故などの影響などを十分に考慮すれば、問題ないですよね。

 

また、中止のほかに、行列が開催される10月22日ですが交通規制も行われます。イベント当日に通行される人は、迂回路など別のルートであらかじめ下調べをお願いします。


【スポンサーリンク】


【スポンサーリンク】