各地のえびす講開催日程は?桐生えびす講の時間

季節ごとにイベントや行事がありますが、
“えびす講”も年間行事の1つです。

毎年、秋に開催されるイベントで、えびす講は日本各地の神社で行われています。

最近では御朱印集めも若い世代から年配まで流行していて、御朱印を集めるだけではなく、えびす講などの行事も人気を博しています。

えびす講はえびす講でも広島で開催されるえびす講は文字表記が違い“胡子講”と呼ばれています。

広島においては「えべっさん」で親しまれているものです。もともとえびす講と言われているものは、商売などがうまくいくようにという事で開催され始めたもので、縁起物として“熊手”が販売されます。

この熊手は神社から授与されるもので、非常に縁起の良いものとされています。

えびす講!広島での開催日は?一番売れる熊手の値段は?

縁起物としられている熊手です。

御朱印やお守りと同様に縁起の良いものですが、一番うれている熊手の値段はどれくらいのものでしょうか。

縁起物は値段で評価できない価値があると思いますが、実際、販売されている熊手の相場を見てみたいと思います。

熊手には小さいものと大きいものがあります。その中で小さめの熊手は千円から購入できるものが多いです。

広島で開催されるえびす講は、11月18、19、20日に開催され、行事に合わせて商店街では大安売りのセールを行ったり、人集めをしています。

大安売りをして、人を多く集めることで、商店街の活性化に務めているのです。

えびす講!広島の夜神楽は何時から?場所は?

広島では、胡子講意外に“神楽”も伝統芸能の1つとして親しまれています。かつては、日本各地で行われていた神楽は伝統芸能を広島で、歴史を感じながら観る事ができます。

場所は、旧日本銀行広島支店から鑑賞する事ができます。こちらの施設は、原爆の歴史と、伝統芸のうの“神楽”を同時に振り返り、日本の歴史、あゆみを振り返る事ができる行事になります。

時間帯は、夕方の18時半からで、鑑賞料は不要で誰でも楽しめる行事になります。

歴史と伝統芸のうを楽しむ一貫として楽しんで見てはいかがでしょうか。

【スポンサーリンク】

えびす講(広島)胡神社でもらえる御朱印がかわいい!

若い世代の間で、御朱印集めも人気だと思います。値段もお手ごろでその神社を言った暁になります。証明みたいなものですね。

寺院などによって御朱印のイラストやデザインなども違く御朱印帳を眺めるだけでもすてきだと思います。

私の個人的な印象ですけれど、御朱印自体は普通の一般的な神社でもらえる御朱印だと思いますが、御朱印帳そのもの。“本”はすてきで、デザインが可愛いです。

せっかく、行事に参加するわけですから、御朱印集めも同時にすると楽しいのではないでしょうか。

またえびす講は、関東では“桐生”などの神社でも人気のある行事です。東京近郊にお住まいの方は、まずは桐生のえびす講から参加してみるのもいかがでしょうか。

まとめ

伝統的な行事としては、“えびす講”があります。簡単に説明すると、商売が繁盛するという意味合いの強い行事で、広島における行事では、“神楽”も披露されます。

旧日本銀行広島支店のあった場所で時間夜18時から鑑賞する事が出来て、古くからの行事を堪能できます。

若い世代から人気の御朱印集めも同時にする事で楽しめるので、行事があるからこそ、訪ねてみるのもいいでしょう。

基本的に11月に開催されて、商店街では大安売りのセールを行い商店街の活性化にもつながります。昔から開催されている行事に参加してみはいかがでしょうか。


【スポンサーリンク】


【スポンサーリンク】