舌打ちの癖を治す方法とは?子供はストレスを減らすことで改善されるって本当?

ライフスタイル

イライラしたり、自分の思うように事柄が進まないとついつい舌打ちが出たりするものです。

大人はさておきながら、子供も舌打ちをしたりする事もあります。

舌打ちをする心理も多数ありますが、

舌打ちは周囲の人から見たら非常に良い印象を与えるものではないですよね。

癖となっているとどうしてもなかなか
自分の意志で治せなかったり、

無意識で舌打ちをしている場合があるのです。

特に子供の場合は、舌打ちが悪いと思わないでついついやっている場合もあるので、

両親や身近な存在が注意を促していくことが大事になってくると思います。

舌打ちの癖を治すには…イラッときたら深呼吸という癖に変えていこう

誰でもイライラしたり怒りが体内に貯蓄する事もあると思います。必死になって堪えようとしますが、

そのイライラを少しでも軽減させようと、舌打ちで誤魔化したり、それが癖で定着していたりする場合もあります。

イライラが舌打ちとして表現されていると置き換えた方が分かり易いですかね。

大抵の場合は、イライラしている時に出てしまうものです。癖となっているとなかなか治る事も難しいですが、

舌打ちでイライラを解消する事は、周囲の印象を悪くしてしまいますので、特に子供の場合は早めに対処が必要だと思います。

舌打ちの代わりに、気持ちを落ち着かせる事が重要です。

気持ちが高まっているので、とにかく気持ちを緩和させる深呼吸などをイライラを感じた際にしてみると良いでしょう。

深呼吸で気持ちを冷静にする事で舌打ちも徐々に減らしていけるのではないかと思います。

*舌打ちを緩和させる為の深呼吸についての参考動画

舌打ちが癖になっている人の心理とは…過度のストレス状態!?

舌打ちをする時ってどういう心理でするのでしょうか。舌打ちをされて心地良い感じはしませんよね。

他人事ではありますが、電車の中で舌打ちが聞こえたら何もない人も気分が悪いものです。

舌打ちが癖の人はイライラしていたり、心理的な部分でストレスを抱えている場合が殆どです。

心に余裕がなかったり、考えて思考が難しい場合に舌打ちがついつい出てしまう場合が多いと思います。

その観点から見てみると、子供も同じような心理だと思います。不安や自分が出来ない苛立ちからついつい舌打ちが出てしまうのです。

一言で言うならば「欲求不満」なのでしょう。

欲求不満がストレスとなって、結果として心理ストレスになってしまうのだと思います。

常にストレスを抱えている状態なのではないでしょうか。

【スポンサーリンク】

舌打ちが癖の子供は要注意?チックの疑いもあるのでよく観察して

大人のみならず、子供も舌打ちをする場面があります。大人と同じように子供なりにストレスを抱える事が多いと思いますので、

ストレスの解消法として舌打ちが出ている場合があります。

子供の場合は、注意が必要です。子供の場合は自律神経なども未発達な事が多く、大人よりストレスの耐性が弱い事が殆どです。

過度にストレスを感じてしまうとチック症などの症状が出ている可能性があります。

チック症とは、ストレスなどで顔の筋肉などが痙攣を起こしたりする症状です。

大人と違って、子供にはストレスがないように思われがちですが、

子供なりにストレスを受ける機会が十分にあると思います。

学校での人間関係や勉学など様々な場面でストレスを受けることが多いと思います。

癖で舌打ちをしている場合はストレスが過度に受けている可能性やチック症の可能性もありますので、

ご両親は特に注意して様子を伺ってみることも大事です。

すぐに治るものではなく、どういう心理で舌打ちが生まれているのかを把握した上で解決法を探していくことが重要です。

まとめ

心理的な部分でイライラしたりする時に、舌打ちがついつい出てしまう事もあると思います。

それが癖となって出ている場合もあります。

周囲からして見れば、舌打ちは印象が悪いし、聞いた人も気分が悪いですよね。

すぐに簡単に治るものではなく、時間をかけて原因を探っていく必要があります。

子供の場合は、注意が必要で、自分の身体の内側にストレスを受けているということも自覚しなかったりする場合もありますので、

周囲の大人が舌打ちをしている場面を見かけたら注意して様子を見ていく必要があります。

子供だからストレスがないわけではなく、過度にストレスを受けている場合もあり、チック症などの可能性もありますので注意が必要です。


【スポンサーリンク】


【スポンサーリンク】