つわりの妊娠初期にカレーが食べたい!妊婦さんが気を付けたいポイントとは?

妊娠・出産

妊娠初期、いろいろなことで神経質に
なってしまうのも仕方ありませんよね。

妊婦さんだけじゃなく周りのご家族まで…。

いつの間にか、ストレスが重なってしまい、
毎日がつらく感じてしまうのだろうとおもいます。

そこで、少しでもストレスフリーを感じてほしく、
この記事を書きたいとおもいます。

妊娠初期のストレスといえば、やはりつわりですよね。

そんなつわりの間でも、食べたくなる
刺激物の一つにカレーライスがありますね。

この刺激物の代表選手カレーライスは、
妊娠中に食べても大丈夫なのでしょうか?

なんと、今の時代では、カレーライスは
入院食で出されていますので、

妊娠初期でも

カレーライス=食べてもOK!!

なんですよ。

ですから、カレーが食べたい!!と思えば、
我慢しないで食べても大丈夫ですからね。

ただし、刺激物=塩分が高いという事だけ
頭に置いといてくださいね。

妊娠超初期にカレーを食べたけど胎児に影響ある?

赤ちゃんがお腹に授かったことが分かったら、
真っ先に気を付けてしまうことのひとつが食べ物です。

胎児にとっては、ママの身体の胎盤とへ
その緒という管のようなものでつながっています。

胎児にとってへその緒は、ママが食事を摂ることに
よって得られた栄養素などを送ってもらう役割があります。

他から栄養を摂ることはできないので、胎児にとってへその緒は命綱です。

そのため、妊娠しているかどうかママ自身は
気付いていない可能性が高い超初期の時点から、

食物に気を付ける必要があると言えます。

妊娠中は積極的に栄養を摂取することも大切ですが、
そのかたわら、食べるのを避けた方が良い食材というのもあります。

なかには意外なものだったり、

最近、避けた方が良いと言われるようになった食材もあります。

ですので、気を付けて食事を摂るようにしましょう。

カレーもその一つですが、妊婦さんの身体に
悪いのはカレーそのものではなくて、

含まれているスパイスやハーブの成分です。

本格派の辛口カレーに入っているスパイスとハーブによって、
子宮収縮を起こす可能性がある
ので、本格的な辛口カレーは避けておいたほうがいいでしょう。

つわりにカレーは気持ち悪いのが普通?食べたくなるのっておかしいの?

まさにつわり真っ最中な人も、やたら
カレーが食べたくて仕方ない人もいるのです。

気持ち悪いのが普通ではないかと
思ってしまいますが、

あのなんとも言えない欲求!それを抑えてまで、

刺激の無いものばかり食べると、
それもストレスですよね。

何が一番身体に悪いかと言うと

ストレス!

このひと言です。

塩分を守り、むくまないように気を付けていたら、
適度な量だったら大丈夫ですからね。

【スポンサーリンク】

つわりの救世主…カレーうどん最強説!?

毎日つわりで悩まされている妊婦さん。

あかちゃんのために栄養を取りたい!
でも、気持ち悪くて食欲がわかない!

そんな時に、うどんは食べやすいもの
の1つに挙げられ、

元々うどんが好きだったママをはじめ、

つわりが落ち着くまでうどんばかりを
食べ続けてしまうママもいます。

ただ、普通のうどんだしベースだと
飽きてしまいますが、そんなときに

おススメなのはカレーうどんです。

カレーだからいろいろな具材を入れて
食べることができますので、

お肉、ほうれん草などなど、栄養面で
ほしいものを入れることもできます。

それに、お米を炊く臭いが
苦手な方もうどんなら湯がくだけ。

手間いらずで、

ママが食事を作るのが辛い時には、
パパさんでも作れるという品物です。

まとめ

カレーとは私たちのころは、
刺激物で赤ちゃんが生まれて

断乳するまで食べられなかったものでした。

今ではちがうのですね。

いろいろと調べれば「なるほど。。。」

と思うところが多かったです。

最強のうどんカレー!!

あの時に知っていればとおもいます。

汚い話ですが、私は吐きづわりだったので、
うどんなら思いっきり吐けるでしょうね。

なんて昔の話をしてしまいましたが、
妊娠してからのカレーは辛口でなければ大丈夫。

そして、つわりの時に
調理しやすく食べやすいうどんも大丈夫。

大丈夫の物が二つ合わされば、
これ以上最強なのは食べ物はないでしょうか?

妊娠期全般、これらはお助けメニューになるとおもいますよ。

ぜひ、お試しくださいね。


【スポンサーリンク】


【スポンサーリンク】