インフルエンザは食べ物から感染する!?正しい知識と予防法で対策を

ヘルスケア

インフルエンザが流行する季節。

特にお子さんが小さい家庭は人一倍、インフルエンザに敏感で対策を取られている事が殆どだと思います。

しかし、マスク、手洗い、うがいなど徹底して行っていても移ってしまいインフルエンザになってしまう事もありますよね。

ひょっとしたら食べ物からインフルエンザになったのでは? と考える人もいると思います。

食べ物からインフルエンザにかかることかはなく、効果的な食べ物を摂取する事で、インフルエンザの予防改善に繋がります。

インフルエンザにかかった時の食事…子供が食べない時は?食べれるようになったら?

インフルエンザにかかった時ってどんな食事をしたらいいのか迷いますよね。

高熱が出ていると、食欲も低下してしまい、栄養を摂らなくちゃと思っていてもなかなか摂取できないのが現状です。

子供の場合には、なるべく喉を通りやすくて、栄養価の高い食べ物が一番効果的で、卵おかゆやすりおろしたリンゴなど効果的です。

免疫力や粘膜を保護してくれるビタミンCや良質なタンパク質などはインフルエンザの治りを促進させます。

一方で、消化の悪いものは消化にエネルギーを使い体力を低下させたりしてしまいますので注意が必要です。また、インフルエンザの時は、水分補給も大切になりますので、こまめに水分補給しましょう。

インフルエンザでの解熱後…おすすめの食事メニューを紹介!

インフルエンザに罹患して熱が治り、食欲も出てきた時、どういうメニューを食べたらいいのか。

インフルエンザの時は、身体全身が弱っている場合が殆どで、胃腸もその一つです。ですから、脂っぽい料理や消化ぎ悪い食べ物は消化にエネルギーを使ってしまい治りがあまりよくありません。

では、どういった食べ物が最適かと言いますと、消化が良くて高たんぱく低脂肪の素材を使ったスープや、身体を温めてくれるものは最適です。

さっぱりしたものも食べたくなったりしますが、アイスなどの冷たい物の食べすぎは前述同様、胃腸の働きを弱めますので、なるべく控えましょう。

【スポンサーリンク】

インフルエンザは食事で予防できる!免疫力アップにおすすめなメニュー

本来であれば、インフルエンザになる前に予防してもらえばいいのでず、予防してても、ふとした時にインフルエンザになってしうものです。

自分は気を付けていても、家族の一人がかかってしまい、移ってしまう可能性もあります。

普段、マスクや手洗い・うがい。インフルエンザの予防ワクチン接種などされていてもなってしまう時はなってしまいます。

そんな時、インフルエンザになりにくくするには、普段の食事が肝になります。

不摂生をしたりバランスの悪い食生活の場合、免疫力が低下してインフルエンザなどの感染症になりやすくなります。

免疫力を上げる為に、野菜や果物、良質なタンパク質低脂肪の鶏肉の料理。消化吸収の良いおかゆなども免疫力向上にオススメです。

まとめ

注意して対策をしていても、かかってしまうのがインフルエンザです。インフルエンザで高熱が出てしまうと、食欲が低下して喉を通らなかったりします。

インフルエンザの時は、全身が弱っている状況ですし、ウイルスと戦う為、思っている以上にエネルギーを使います。

ですので、エネルギー補給は大切ですが、消化の悪いものは胃腸に負担を掛けてしまい、エネルギー消費が著しくいです。

高たんぱく質低脂肪の食材を使ったり、ビタミンの豊富な果物などの消化の良いものを積極的に摂るようにしましょう。

また、普段から免疫力を上げてくれる食材だと、インフルエンザに打ち勝つ体になりますよ。


【スポンサーリンク】


【スポンサーリンク】