生体認証を導入している銀行の決済システムは安全なの?FIDOって何?

ビジネス

デジタル化している現在では、認証においても様々な認証方法で鍵をかけています。特に、スマホなどを使って決済する際は特に認証は重要な役割を果たします。

その中で金融機関である銀行も認証システムは常に最新のものではなければいけませせん。

様々な手口で鍵を突破する技術を持った犯罪組織に乗っ取られないのようにする必要性がありますから認証システムは常に厳重である必要性がありますが、実際に安全はどうなのでしょうか。

また、インターネットな度で買い物をしたり、決済の際も鍵となる認証は重要なものになります。安心して利用いただけるのはそれなりの安全性を高めたなければいけません。

生体認証を使っての決済をする事ができる?最新の決済方法とは?

インターネットの通販などでは、どういう決済をしているでしょうか。銀行やコンビニのATMやコンビニの窓口、郵便の代引きサービスなどの決済方法がありましたが、現在の多くはクレジットカードでの機能ではないでしょうか。

クレジットカードを利用することで、不安なのがクレジットカードの情報をハッカーと呼ばれる情報の盗み屋に盗まれたり個人情報を奪われることに危険性があります。

現在FIDOと呼ばれる生体認証などのシステムの導入され始めてきていて、自身で設定したパスワードなしに、このFIDOシステムを使えば、生体認証でパスワード解除や安心した決済サービスを利用できるということです。

みずほ銀行でも、生体認証を利用したサービスを展開してきて、安全性が年々強まってきていると考えられます。

パスワード不要の生体認証。生体認証FIDOのシステムとは?

そもそも生体認証はどのようなものなのかを説明します。従来のパスワード(鍵)は英数字や記号などを含めたパスコードと呼ばれるものであったり、パターンによるロック解除が主流ではありました。

しかし、その方法は、低い確率ではありますが突破できるのです。何十回と試せばロック解除ができるというシステムですから。

しかし、FIDOシステム・生体認証を使えば、本人の指紋情報や、顔の輪郭、静脈などの本人の生体上の特性を生かした認証システムと言えるでしょう。銀行においては、従来はキャッシュカードと暗証番号があればお金を引き出す事が可能ですので、詐欺被害などの格好のチャンスだった訳です。

しかし、FIDOシステムヲ導入する事で、キャッシュカードを奪われて暗証番号が突破されたとしても、被害者の指紋や静脈が認知されないと認証をクリアできないので安全性が高まっていると言ってもいいでしょう。

スマホでも最近では指紋ロック解除、顔認証は当たり前の時代ですから、これらのシステムが導入されて、さらに金融に関わる上で安全性が向上されたのはよかったでしょう。

【スポンサーリンク】

最新のドアロックは生体認証を使った鍵!手軽に生体認証で鍵◎

決済サービスのみならず、最近では事務所の出入り口などのロックも指紋認証や静脈の認証といった生体認証へと移行しています。特に機密な仕事をしている方には重要なシステムでしょう。

また、一般家庭においても強盗や犯罪リスクを軽減されるため、家族の指紋認証などを持っていない人は鍵を持っていても鍵を施錠・解錠出来ないシステムなど、生活の安全も向上したと言えるでしょう。

スマホとリンクさせてスマホの指紋認証や顔認証などを導入して鍵を管理したり安全性を向上させるのは安全性の向上と、鍵をどこかに紛失したり会社に忘れてきても、生体認証であれば、自分の体だけあれば解除ができるので便利です。

まとめ

現在の決済システムなどでは、徐々に普及し始めている生体認証ではあります。生体認証とは体の特異性を生かしたシステムでFIDOと呼ばれたりしているシステムになります。

従来であれば、鍵さえ保持していれば本人でなくても誰でも突破することは可能ではありましたが、生体認証の場合は、本人の指紋や静脈などがなければクリアすることは不可能になります。

インターネットで買い物をされてクレジットカードなどを利用されることもありますが、生体認証などをセットしておけばクレジットカードの不正利用なども防ぐことが可能になります。

また、鍵などを忘れても自分の生体で鍵をロック解除できたり防犯上の安全を確保できたりします。

みずほ銀行などでは導入しているシステムではありますが今後も普及してくると思います。ただ、安全性は優れてきているので、安心して日常生活を送る事が可能になります。


【スポンサーリンク】


【スポンサーリンク】