AIビジネスの手法を専門家が語る! 活用事例が知りたい!

ビジネス

近年ではAIを搭載したものが多く出回って生活が豊かになってきましたが、AIの事をご存知ですか?

AIとして活用事例を見てみるとAIロボットですよね。人工知能を搭載したロボットで、人間が喋りかけると判断して返答するという機能のロボットと技術です。

近年ではこのAIが進化を進めています。医療の現場、教育の現場などにも活用されていて、学習能力も高い事から、様々な分野で将来性が期待できるのではないかと期待も寄せられています。

AIがビジネスとしてやっていく上ではどうなのかを見てみたいと思います。

AIとは?ビジネスでの利用価値やその将来性について

AIとは人工知能の事ですが、非常に学習能力も高く性能も進歩を遂げてきています。初裏生から見てみると、これからの未来には何かしらの利用価値はあります。

人手が足りない場合も、AIを搭載したロボットが人間と同様の技術と技能で人を同じレベルの作業ができるので、効率化という部分では非常に素晴らしい技術です。

どこまでAIを頼ってビジネスとしていくかは、使い手による考え方次第ですが、人がAIと同時に生活していく中で、温もりやAI導入前と意識的な変化があるのかないのかも検討して進めていく必要があります。

医療分野や自動車産業、製造業などではAIの導入のより作業の効率化が望めますので、将来的にはぐっと向上し続けるでしょう。

AIがビジネスに大貢献!活用事例をご紹介

様々な場面、業種でAIが活用されています。AIを利用することで効率化することと、簡潔に説明、作業に取りかかれるのはメリットだと思います。

そこで、どんなものがAIのビジネスとして大貢献しているのかをピックアップしてみました。

1、マカナちゃん(全日空)

こちらはスマートフォンなどのアプリでダウンロードして利用してもらうのですが、現段階ではハワイが中心ですが、お客様と自動でチャットをしていく会話の中で、どのような性格な人なのか、ハワイに何を目的で旅行にしているのかをAI機能で読み込み観光地を紹介してくれるサービスです。

2、案内サービス(清水建設)

障害を持つ人にとって、街中は危険なものばかりです。視覚に障害のある人は、障害物などが多くあるような道路は危険が伴います。

音声などでAI 機能が搭載された機器で問うと、瞬時に安全なルートを紹介してくれて、バリアフリーの環境で移動が出来るので便利なサービスで活用事例としては障害や、介護は必要な場面で活用されています。

将来性としても、高齢社会の現在では需要のある分野でしょう。

【スポンサーリンク】

AIをビジネスに利用する時によくある手法とは?

AIは現在、どんな分野でも問わず使用されています。今までは、人手で活躍してきていましたが、知識的に判断が難しかったり、要望に沿った提案が瞬時には難しかったりしている部分もあります。

AIであれば、簡単なやり取りで、性格や求めているものを瞬時に判断する事で、より良いものを提供する事が出来ています。

AIの手法としては、AI搭載した機器ではなくても人でも簡単に出来るけれど、更に情報伝達がうまくいく場合はAI搭載されたものが便利だと思います。

専門家としては、ビジネスでAIを活用していく中で、単体で終わるものではなく、学習能力を備えて、データ化し、同じような系統の人に、学習能力から得た情報を提供できる部分は、活用事例としてあげられます。

周囲を見渡してみると、その傾向が強いと感じます。

まとめ

様々な部分でAIが利用されてきていますが、AIはどこまで実用的に使用できるのでしょうか?

活用事例としては、案内サービスや、簡単なチャット感覚の会話から情報を拾い集めてより情報を提供できるのは魅力的です。

手法としては、人でも可能ですけれど、AIを搭載したものはもっと仕事が進むし、便利になるという事です。そこが将来的にも専門家としても見所で、AI自体を進めていく重要な部分でしょう。


【スポンサーリンク】


【スポンサーリンク】