フリーランスで稼げる仕事の種類とは?稼げない仕事は断る事は可能?

ビジネス

近年、フリーランスという言葉を耳にすることが多くなりました。

フリーランスとは特定の企業や団体、組織に専従せずに、自分の技能を提供している個人事業主のことです。

別名だと「自由業」なんて呼ばれていたりしますね。

自分の技術や能力に自信がある方もそうでない方もできるフリーランスのお仕事は今の時代探せばたくさんあります。

フリーランスは稼げるのか?仕事の種類はどのくらいあるのか、すぐに出来るフリーランスの仕事はあるのか、などについて今回はお話ししていこうと思います。

フリーランスは稼げる?稼げる職種と仕事探しの方法とは?

まず、フリーランスといえばどんな仕事をイメージするでしょうか。
私の場合一番最初に浮かんだのは芸能人の個人事務所です。
フリーランスのイメージが一番掴みやすいかな、と思う職種です。

その他にも小説家、大工、漁師、プログラマーなども個人でやっている方が多く、稼いでいる方も多いです。

フリーランスは技術力で勝負しているのだろうなと感じて敷居が高いように思えてしまいますよね。

ですが、簡単な作業でも今の時代はフリーランスとして働くことができるのです。

簡単な作業といえば、文字を書くライティング作業やエクセルやワードに内容を入力するだけのものなんかもあります。
音声の文字起こしなんかも、簡単に出来るフリーランスのお仕事になるのではないでしょうか。

在宅で仕事をしたい!と考えている方はフリーランスでのお仕事探しをしてみましょう。

方法としては、やはり在宅ですのでインターネットサイトを有効に活用した仕事探しをしていきたいですね!


フリーランスの仕事を探している人におすすめのサイトとは?

フリーランスのお仕事を始めるにあたって、まず初心者向けの王道といったらクラウドワークスです。
クラウドワークスでは初心者向けのライティング作業、簡単なアンケートから、中級者向けのもの、上級者向けのウェブデザイナーやプログラマー募集までおこなっています。

その安全性から業種も多く、沢山の企業がフリーランス募集をしているのが特徴であると思います。

デメリットとしては単価が安い仕事が多いことや、初心者向けが多くあまり拘束時間も長いものが多くないところです。

次に有名なのがランサーズですね。

ランサーズはクラウドワークスに比べて簡単作業と言われるライティング等よりはプログラマーさんやデザイナーさんメインのお仕事が多いのですが、こちらは単価が高く稼げる額が違うと言われているサイトです。

パソコンに強い方やプログラマーさんはこちらのサイトの方がより多く稼げるかもしれません。

フリーランスで稼ぎたい!稼げない仕事は断ることができる

フリーランスでしっかり稼ぎたい、という方は何でもかんでも案件を受けていると単価の安いものばかりで働き損、なんてことになってしまうかもしれません。
そうならない為にも稼げない仕事はバンバン断りましょう。

ですが、初めは自分の技術をつける為にも稼げない仕事でも受けることで評価を上げるのが大切です。
ある程度評価をもらったら、自分で稼ぎたい目標金額に近づけるように単価の高い仕事をもらうようにしましょう。

【スポンサーリンク】

まとめ

今回はフリーランスのお仕事の種類や稼げるのか、そしてフリーランスでの稼ぎ方についてまとめてみました。

フリーランスのお仕事はコツコツ仕事を進められる方にはぴったりのお仕事だと思います。

自分に技術がなくても、初心者でも始められる仕事が多いのも良いところですよね。
パソコンの使い方に慣れて新しい仕事が貰えるようになるのもやりがいがありそうです。

今の仕事に納得していない方なんかはひっそり副業から始めてみてもいいかもしれませんね。




【スポンサーリンク】


【スポンサーリンク】