歓送迎会の乾杯の挨拶と締めの挨拶は誰がするのが正解?

厳しい寒い冬が終わると暖かな春が訪れます。しかし、春は陽気な季節でもありますが寂しい季節でもあります。

出会いと別れが交錯する季節になります。学校の卒業、入学、就職といった感じで出会い別れが付きものです。しかし、出会い別れがあるからと言って、一生会えなくなるわけではありませんが、心寂しですよね。

そんな中、歓送迎会などが開かれることと思います。歓送迎会において締めの挨拶だったり、締めの言葉は非常に重要です。形式上の挨拶でもありますが、やはり、オリジナルのフレーズの挨拶をしたいものですよね。

締めの挨拶は誰が、締めの挨拶の典型的なものはどのようなものなのかを見てみます。

歓送迎会の乾杯の挨拶ってどんなの!?誰がするべき!?

冬の季節が終わり、出会いと別れの季節になってきました。そこで、歓送迎会などが開かれるシーズンでもあると思います。

クジ引きなのか何かで幹事に当たってしまう事もあるかと思いますが、一番大変のが挨拶ですよね。そもそも歓送迎会の挨拶や締めの挨拶は誰がするのでしょうか。誰と言われれば「幹事」がするのでは? と思われる方もいるかと思います。

そこで、誰が挨拶をするのがベストなのかを見てみたいと思います。

幹事と思われてしまうのも無理はないと思いますが、乾杯の挨拶は誰がひたらベストかというと、役職者がするのがベストになります。同じ人に頼むのではなくて、まだ話をしちない方にお願いしして挨拶をしてもらうの1つの手でもあります。

締めの挨拶は、乾杯の挨拶をした人の次の役職の人が行うのがベストと言えるでしょう。順番はかなり、シビアになりますので注意が必要になります。

会社の飲み会の挨拶の順番を教えて!?挨拶の内容と時間はどれくらい?

歓迎総会の挨拶や乾杯の挨拶などは上記の通りの順番で行えば大丈夫ですが、さてそれ以外に歓迎総会などで誰から順番にするのがいいのか挨拶の順番がベストな方から説明してみたいと思います。

歓送迎会では、転出者と転入者がいますよね、このどちらの順番に挨拶をするのかがポイントになりますが、まずは転出者から挨拶をするのがベストになります。その次に転入者に挨拶をするというのが筋になります。

そこでも役職や勤続年数が高い順番にするのがベストと言えるでしょう。

挨拶の内容としては、感謝の気持ちであったりこれからの豊富であったりを季節の言葉を含めて挨拶していきます。歓送迎会の時間としては2時間程度を見込んだ方が良いでしょう。挨拶巡りとして39分から1時間程度はかかると予定していた方が良いですよ。

【スポンサーリンク】

歓送迎会の締めの挨拶は誰がするべきなの!?その内容とは?

乾杯の挨拶は、上司から行い締めの挨拶は、上司の次にえらい役職で行います。話の内容としては、感謝の気持ちであったり、これから会社が反映していく上で重要な言葉などをかけるケースがあると思います。

やはり、上司の次の偉い役職者ではありますので緊張したり、おおらかな雰囲気ではない感じではあります。

ただ、終わりの言葉はありがたい言葉であったり、転出者はこれから新たな道に進むうえで背中をおしてくれる言葉でもあります。ありがたく受け取りましょう。

まとめ

春は、出会い別れが交錯するシーズンでもあります。当然の事ながら、歓送迎会などが開かれることもあります。そこで、問題になるのが挨拶などの順番ですよね。

順番を間違えると嫌な雰囲気になりますよね。歓迎総会は約2時間ほどかかるのですがその雰囲気のまま会が進むのは気まずいです。

順番として役職の上の方から挨拶をして、締めの挨拶はその次にえらい人にやってもらうのがベストです。役職者が参加していない場合は、勤続年数が上の順番からしてもらうのが筋でしょう。

転出者と転入者の場合は、転出者から挨拶をするのがベストになりますので、計画は立てたものの、誰が挨拶するのか迷ったら、まずは、役職の上の人から選択しましょう。


【スポンサーリンク】


【スポンサーリンク】