ひな祭りの由来とは!?ひな祭りにする遊びやゲームは何!?

3月がひな祭りのシーズンでもあります。

特にお子さんやお孫さんがいる家庭ではひな祭りを行ったりするのではないでしょうか。また、保育園等ではゲームをしたり、劇なども行ったりするのではないでしょうか。保育園で劇をするとして、劇の台本はどんなものがいいのでしょうか。

ひな祭りを舞台とした台本は思い浮かぶものが少ないのではないかと思います。具体的な劇の内容としては「人形劇」などのものでしょう。

保育園ではあれば、劇の他にゲームも考えられます。ゲームなら劇と違い台本などを用意したり劇の内容やシチュエーションを考える必要もないですよね。ただ、保育園で行うゲームと仮定しての話になりますが、輪投げなどもゲームとしては最適なのではないかと思います。

即席でも簡単に楽しめますし、輪投げなので誰でも簡単に楽しめるゲームだと思います。保育園に通える幼児が楽しめるには十分と言えるでしょう。

ひな祭りの出し物でする劇のお勧めの台本とは!?

ひな祭りは女の子の節句として楽しまれています。家庭によってはひな人形を飾り付けるのではないでしょうか。

保育園などで、劇などが子供たちで行われたりしますが、ひな祭りの劇の台本とはどのようなものなのか見てみると、保育園の幼児でも簡単に出来るものが挙げられます。

具体的に「いなくなったお雛様」などの台本で劇が行われます。登場人物としては、赤ずきんちゃんやエルサなどの子供でも分かりやすい登場人物が現れます。劇を行う側の幼児もイメージしやすい登場人物ですので、やりがいはありますよね。

また、子供たちが劇を演じなくても、先生たちが劇を演じても見ている幼児たちには伝わる劇になるので台本としてはぴったりと言えます。

劇の台本に迷ったら、「いなくなったお雛様」にしたらいかがでしょうか?

ひな祭りにちなんだゲームって何!?保育園でやるならコレだ!?

ひな祭りなどは女の子の節句として親しまれています。保育園などでは、上記の劇の台本などで先生が演じたり、園児達が演じたりする事で盛り上がります。

ところで、ひな祭りのおけるゲームとは具体的にどのようなものがあるのでしょうか。考えてみても、全然思い当たるゲームがありません。2月3日の豆まきと違い、ゲームやこれと言ってやらなければいけないゲームや行事などはありません。その中で、出来るゲームとしてはどのようなものがあるのでしょうか。

ひな祭りにちなんだゲームはあるみたいで、宝探しゲームや、おひなわげと言われている輪投げゲームなど園児でも楽しめる簡単なゲームがあります。

また、間違え探しゲームなどもゲームというよりレクリエーションとして楽しめるゲームが満載です。これからひな祭りのゲームを考えている人は、難しくなく、園児でも簡単に遊べるこれらのゲームを上手く活用してみませんか?

【スポンサーリンク】

ひな祭りの由来をペープサートで園児にも分かりやすく解説!?

そもそも、ひな祭りの由来や、ひな祭りが開催されるようになったきっかけとは何があるのでしょうか。

古代に何かがあったから開かれるようになったのです。その由来を簡単にざっくりとペープサート(紙芝居)で説明してみてはいかがでしょうか。ペープサートでは、面白く、由来を園児にも理解していただけるものだと思います。

大人でもペープサートの方が理解しやすいという人もいますし、絵が図表で説明してくれるので分かり易いですよね。

細かな部分の由来までを園児に説いて理解してくれるかと言われると、分かりにくいのが現状ではないでしょうか。そもそも、園児はそこまでの由来を考えながらひな祭りの劇であったり、ゲームを楽しんでいるのでしょうか。

そこまでかんがえている人はいないですよね。おこで、ペープサートを利用して大まかな由来を説明してから劇の台本を読み聞かせたり、演技の練習をした方がいいと思います。

まとめ

女の子の節句としてひな祭りは開催されますが、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。分かり易くペープサートなどで園児に説明している保育園もあると思います。

保育園によっては、ひな祭りの劇であったりゲームをイベントとして開催したりしている保育園もあるので、園児だけではなく、大人も理解しておく必要性があります。先生が「いなくなったお雛様」などを演じることもありますが、園児たちが自ら演じる保育園もあります。

演じるにあたり、由来などを理解した方が断然、園児易くなりますよね。

ゲームとしても「おひなわげ」といわれる輪投げなどは、園児でも簡単に出来るのが特徴ですし、即席でもゲームを作る事が出来ますよね。

ペープサートなどで、由来などをざっくりと理解した後で、ゲームや劇に移行してより一層楽しめたらいいですね。


【スポンサーリンク】


【スポンサーリンク】