お歳暮には果物ギフトが人気!お歳暮のマナーと相場をご紹介

お歳暮を贈る時期になると、何を贈ったらいいのか迷いますよね。親同士などの身内であれば、人気の詰め合わせギフトだったりでいいと思いますが、取引先にお歳暮を贈る際、迷ってしまいますよね。

奮発して高いものをお歳暮として贈る事を考えている人もいるでしょうが、お歳暮には相場があります。この相場を元に選んだらいいのではないでしょうか。

また取引先に注意してほしいポイントなどもまとめてみましたので見ていきましょう。

お歳暮で果物をいただいた時のお礼状の書き方

最近ではいろいろな詰め合わせのギフトなどでお歳暮をいただく事も多いと思います。結婚すると、親同士でもお歳暮を贈ったり、親同士の付き合い・親戚関係の付き合いが増えます。

その際、お歳暮を果物で戴く場合もあります。戴くのはいいのですが、ただの果物ではなくて、高級なメロンであったりの場合が殆どで、その場合は、何を贈ったらいいのでしょか。

同じ果物でお歳暮を返すのではなくて、お礼状を書いて、別のものを選択してもいいと思います。同じ品物だと、贈った果物を別の包装紙に入れて返されたと感じてしまう場合がありますし、誤解を生む危険性もあります。

ちゃんとお礼状を添えて、感謝の気持ちを伝えることで親同士でもマナーとしてふさわしいと思います。結婚となると、縁が生まれるわけですから、人気の果物でお歳暮が来たのなら、人気のギフトなどでお返しをしたらいかがでしょうか。

お歳暮は結婚した親同士でも贈るもの?贈るときのマナーは?

結婚をしたら当人だけの間で物事が進めるわけではなく、お互いの両親との関係性も生まれてしまいます。中には勘当同然で親同士の付き合いが疎遠となる夫婦もあるでしょうが、一般的には親戚関係にあたります。

当然、親同士でもマナーは必須で、お歳暮に際しても注意点は生まれます。お礼状であったり、のしなどをしっかりと書くなどの注意点や、一般的常識に沿ったマナーになると思います。

ただ、お歳暮は見栄の張り合いではなく、相場がありますから、相手が戴いて遠慮するようなことがないような品物がベストだと思います。そして、日常的に使えるものがいいでしょう。

具体的には、コーヒーセットや、食用油の詰め合わせギフト、お酒が好きな親同士なら日ビールの詰め合わせもいいのではないでしょうか。

その際もしっかりとのしをつける必要があります。これは社会人としてのマナーですし、お歳暮の枠組みの中で、しっかりとした礼儀で贈るべきものだと思います。

【スポンサーリンク】

お歳暮の相場はいくら?取引先にお歳暮を贈る場合

親同士や親戚関連のお歳暮は、人気のギフトセットなどで十分だと思いますが、取引先となるとどう言ったものがベストなのでしょうか。

取引先にお歳暮を贈る注意点としては、社員全員で戴けるものを選択するといいと思います。

最近ではカタログフギフトをお歳暮として贈る事もあるのではないかと思いますが、取引先にはダメです。コーヒーセットなどの社員全員で飲めるものを選ぶといいでしょう。

コーヒーセット詰め合わせは人気になっていまして、お歳暮としてはよく選ばれるギフトだと思います。

あとは、予算になるわけですが複数社の取引先にお歳暮を贈るとして平等にするとしたら2000円前後がベストなのではないでしょうか。あくまでも目安ですから、これより高いものでも全然大丈夫です。

社長や取引先の特定個人に贈る場合は、別けられるものではなくて、珍しい人気のスイーツの詰め合わせで、予算が上がるかもしれまぜんが、そちらを贈ってもいいのではないかと思いますが、企業として贈るのではあれば、2000円がポイントだと思います。

まとめ

お歳暮を贈る時期になりと何を贈るのか贈ったらいいのか迷ってしまいます。人気のお歳暮はありきたりで人と被るかもしれないですし、これから取引先の関係の人にお歳暮を贈るとなると難しいものがあります。

果物のセットなども贈ったらいいのかもしれませんが、親同士なら果物でも大丈夫かと思いますが、取引先では大丈夫かということになります。

取引先にお歳暮を渡す時のポイントとして相場があります。だいたい数社の取引先に渡すとして、社員で別けられるものと2000円前後で購入できるものを選ぶべきです。

相場以上のものを贈る時は、取引先でも上司と個人的な付き合いとして渡す際であれば、高級果物のセットなどを贈るのが気持ち的にいいと思いますが、ただの取引先では、挨拶としてのものですので、相場相当のものを贈りましょう。


【スポンサーリンク】


【スポンサーリンク】