幹事さん必見!?残暑にする飲み会ってなんていう?案内のかけ方は?

豆知識

お盆は、都会に行ってなかなか会えない人が帰省して会える時期になります。残暑見舞いの手紙と同時に、飲み会などの案内を出したりする事もあると思います。

 

普段、なかなか会えない友人と飲み会で近状を報告する機会にはもってこいの飲み会だと思いますが、どうやって案内状を出して、どんな案内文で残暑払い飲み会を開いてみたいものです。

 

残暑払いとは、名前のごとく暑さを払う飲み会の事です。

 

景気つけるため、暑さに負けない為に普段なかなか会えないような人に案内状などを出して、飲み会を開くのもいいでしょう。飲み会を開くにあたり、幹事に当たる人は、案内文を考えて、案内状を出すのに、どうしたらいいのかわからない事もありますよね。

 

定番の書き出しってある?残暑の時期にする飲み会の案内状の書き方3選!

 

飲み会の案内状は、最近ではラインやメール、電話などで仲間内で飲み会メンバーを集い、飲み会に名前をつけてはのみかいを開いたりする事も多くなってきていると思いますが、普段気軽に飲める人はいいとして、地方を離れていて、残暑の時期に、帰省した人も残暑払いの飲み会に誘う場合は、メールより住所がわかれば、同窓会のように手紙で案内状を出しますよね。

 

最近では、メールアドレスくらいは知っている人もいるので、メールなどで一斉に案内状を出していいと思いますが、案内文はしっかりと書かなければいけませんよね。

 

そこで、どんな案内文がいいのか定型文を3つほど見てみます。

 

① 残暑が続いていますが、この残暑を乗り越えるべく、残暑払いを企画しました。

 

② 今年は、記録的な猛暑と言われその暑さが残っていますが、そんな残暑を吹き飛ばすべく飲み会を企画しました。

 

③ 残暑を吹き飛ばすべく、リフレッシュな飲み会を企画しました。

 

などと、改まった感じの飲み会ではなく、あくまでも打ち解けた感じの飲み会だと思いますので、この他に「残暑払いに飲もう!」みたいな簡単な感じでも全然大丈夫だと思います。

残暑払いってあるの?残暑にする飲み会に適した名前って?挨拶の参考にも!

上記で「残暑払い」という名前を出しましたが、飲み会の名前はなんでも良いと思います。ただ、先ほども述べたのですが、帰省する人に合わせて、「残暑払い」名称ならば丁寧な名前で良いのかなと思います。

ただ、固い感じの名前ですので、あくまでも名前は自由だと思います。

案内状を出す場合にも、飲み会の名前があった方が誘いやすいですし、決まったイベント化できる名前だと思います。

最近の出来事や近状報告などをできれば、1年に1回は同級生や地元などの友達と飲み交わしたいものですよね。

そこで、名前をつけたイベントを開くことで、また来年もと次に繋げられるのではないかと思います。

案内状でも、挨拶としても「残暑が厳しく、残暑に負けないように残暑払いを企画しました」などの内容でも大丈夫だと思います。

【スポンサーリンク】

そもそも飲み会の案内文っていつ出せばいいの?残暑っていつからいつ?

残暑払いを企画してもいいですが、企画だけ進んでいても人を募集しないといけませんよね。帰省すると言っても、その人の事情もありますので、早めに案内状を出して、スケジュールチェックをしてもらう必要などもあります。

 

基本的に、残暑払いは明確な期間はないですが8月上旬から8月末が一番ベストではないでしょうか。

 

そして、開催する日程なども幹事は企画すると思います。店舗の予約や、予約人数などの制約などもありますので、いざ来週やろうと思っても、人が集まらなかったり、いつもの飲みメンバーだったりするわけです。

 

そこで、この8月上旬から8月いっぱいと言いつつもお盆の時期を狙って、一ヶ月前くらいには案内状を出して、参加不参加の回答をいただけるようにする方がいいでしょう。

 

幹事としても、何人参加できるのかなども明確になり、予約のトラブルなども未然に防げます。

まとめ

お墓参りなどに、都会に進出した人も帰省するシーズンです。そこを狙って、飲み会を開こうと計画している人もいるのではないでしょうか。

名前はなんでもいいと思いますが、「残暑払い」などの名前をつけて案内状を出したら、一層大人風に聞こえますし、かしこまった案内状ですよね。普段、会えない人と近状報告などもできます。

どんな名前の飲み会に迷ったら、案内文でも使える「残暑払い」にしてみてはいかがでしょうか。また、明確な時期は定まっておらず、皆さんが帰省するシーズンを合わせて飲み会を計画してみてはいかがでしょうか。

できれば、開催日の一ヶ月前までに案内状を出すと良いでしょう。


【スポンサーリンク】


【スポンサーリンク】