大相撲の番付表って購入できるの?販売場所はどこなの?

スポーツ

大相撲を観戦するのが
趣味という人も多くいると思います。

 

テレビ中継で興味を持って、生で観戦したい
という人もいるのではないでしょうか。

 

そこで、大相撲で取り組みを行う
スケジュールと言うか順位表は

“番付表”と言います。

 

大相撲が好きであれば、
この番付表は購入したいと思いますし、

 

自分で作成してもいいのかと思います。

 

しかし、番付表はどこで購入できるか
疑問に思う人もいるのではないでしょうか。

大相撲ファンなら必需品!? 番付表って購入できるの!?販売場所は?

 

大相撲ファンにとって
欠かせないアイテムの番付表です。

 

番付表は、順位表ですから、

 

好きな力士が取り組みで対戦する力士が
どの番付にいるのかを調べる事ができます。

 

その番付表はどこに売っているのか、
どこで手に入るのかが疑問に思いますよね。

 

販売場所は、現地が原則です。

 

現地で足を運んで
番付表が購入できるのはいいかもしれませんが、

 

遠方に住んでいる人は、番付表を購入するために、
現地に足を運ぶのは容易ではありませんよね。

 

生で観戦して、それと同時に
番付表を購入するのもいいかもしれませんが、
生で観戦も難しかったりします。

 

大相撲のファンであれば、
購入されている人もいるかもしれませんが、

 

書店やコンビニで大相撲の雑誌も購入できます。
この雑誌の付録で番付表が付いている場合もあります。

 

遠方に住んでいる人は、
雑誌で手に入れるのも方法かもしれません。

部屋のインテリアに!?大相撲の番付表皆の飾り方!額縁などの作成方法5選

大相撲の番付表は独特な感じの表でして、大相撲の場面だけではなく、飲食店の
メニューなどのデザインのモチーフとしても活用されている場合もあります。

 

大相撲のファンだけではなく、部屋のインテリアの1つとして番付表を作成してもいいのかもしれません。

 

そこで、インテリアとして番付表が映える方法を見ていきたいと思います。

 

1、自立・壁掛け式番付表 額縁(http://amzn.asia/6F19BPe

 

壁掛けでも自立でも壁に立てかけることができる額縁です。公式の番付表を収めることができるので、インテリアとして最適です。

 

2、番付表額(http://amzn.asia/0YTpADw

 

掛け置き専用の番付表の額縁になりますが、色合いがブラウンとライトがあります。クラシック調の木目に番付表を入れることでインテリアとしても映えるのではないでしょうか。

 

いろいろは、額縁が販売されていたり、販売だけではなく、自分で作成する事も可能です。

 

3、入替デジタルパネル(http://amzn.asia/0bD3jyd

 

番付表は順位が変われば番付も変わります。ファイル形式になっているので、ファイルと、作成して、作成したファイルと入れかえるだけで最新の番付表を表示できる仕組みです。保管とインテリアが同時にできるタイプですね。

 

4、掛け軸タイプ

 

無地の掛け軸を購入して、そこに番付表を貼り付けて作成する方法です。自分での作成になるので、印象に残りやすい作品になります。

 

5、台紙に貼って作成

 

台紙となる厚地の紙を購入して、その上に丁寧に番付表を貼り付けて作成する方法です。掛け軸を作るより手軽に作成できるのがオススメです。

 

このように、購入した額縁の中に丁寧に飾り付けるのか、掛け軸などを作成してインテリアに映えるように展示するのかは、その人に合ったインテリアでオススメします。

【スポンサーリンク】

そもそもどうやって大相撲の番付表って見るの?序ノ口?幕下?階級について

 

大相撲に詳しくない人でもインテリアとして番付表をインテリアとして飾ることがあると思います。

 

テレビ中継で興味を持って、番付表の存在を知っている人もいますが、大相撲には階級がありますよね。

 

横綱、大関、小結、序の口など様々です。大相撲は階級制度ですから、仕方ありません。

 

そこで、幕下力士がありますが、幕下とはどういう事でしょうか?

 

幕下とは、十両より下の階級の力士を指します。番付では、三段目に番付されます。

 

番付表の一番上段から、幕内、十両、幕下、三段目、序二段、序の口と6つの階級に分かれています。

 

番付表の見方としては、上段に行けば行くほど、階級の上位の力士という事になります。この見方を知っていれば、力士がどの階級なのかを見る事が可能です。

 

また、大相撲を楽しめるきっかけになるのではないでしょうか。

 

まとめ

国技でもある大相撲は、テレビ中継だけではなくて、生で観戦したいと思っている人も多くいる。

 

その中で、“番付表”という大相撲の順位表があります。プロ野球やサッカーでの順位表に近いものです。

 

上段に行けば行く程、階級の高い力士が名前を連ねています。観戦と同時に番月表を照らし合わせてみるとさらに楽しめるのではないでしょうか。

 

また、番付表は部屋のインテリアとしても飾られる事も多く、額縁を購入したり、自分で作成して番付を楽しんだりしている人もいます。ぜひ、この機会に大相撲のことをもっと知る上でも番付表を購入してみてはいかがでしょうか。

 

現地で購入が一般的ですが、雑誌などの付録にも付いていますよ。


【スポンサーリンク】


【スポンサーリンク】