紫外線で肌の老化が改善するって本当?治療の原因と対策とは?

ヘルスケア

紫外線の光老化は本当に怖い!

今からでも遅くない回復法

暑い季節が、もうそこまで近づいてきていますね!

最近では、毎年のように過去最高気温を更新したり、
真夏日(最高気温が30度以上の日)

が4月から観測されたりと、
暑い時期が年々延びている気がします。

気温が上がるということは、
それだけ日差しも日増しに強くなっていると思いますが、

皆さん、紫外線対策は万全でしょうか?

紫外線を長い間浴び続けると、

シミ、しわ、たるみの原因となり、

このことを光老化といいますが、紫外線は目に見えないため、油断していると光老化はどんどん進行していきます。

私も若い頃は紫外線なんて、さほど気にしなかったのですが、年齢を重ねるにつれ光老化の本当の怖さを実感してきました。

そんな本当に怖い紫外線ですが、放っておいたらそれこそ光老化が進行してしまいますので、今回は今からでも遅くない光老化の回復法をご紹介致します。

紫外線の老化は目にも影響を及ぼします!

紫外線の光老化とは、肌に限ったことではないのはご存じでしょうか?

実は紫外線の光老化は肌以外に、目にも影響してしまいます。

肌のケアはUVクリームなどでケアしていましたが、目のことは私も全く気にしていませんでしたが、考えてみれば目も肌と同じく紫外線にさらされているわけですから、当然何らかの影響は出ると考えるのが普通ですよね。

全くもって目なだけに盲点でした。

目から紫外線を浴びると、角膜が刺激を受け、それが脳に伝わります。脳はメラニン色素をつくる指示を出し、肌はメラニンの影響で黒くなります。

また、紫外線(UV-A)は水晶体にまで届くことから、白内障という目の病気の原因にもなります。

最近ではサングラスや、UVカットができるめがねなども普及していますので、肌だけでなく目のUVケアの方も忘れないようにしましょう。

 

 

紫外線による老化は皮膚にどのようなダメージを与える?

皆さんに光老化が本当に怖い、と言ってきましたが、では実際、光老化により皮膚にどのような影響を及ぼすのかご紹介致します。

紫外線の大半をしめるのが、UV-A波で肌の奥深く、真皮にまで達します。そこでは、肌にとって大事なコラーゲンなどが生成されているので、ダメージを受けると、深くしわができ、たるみの原因になるのです。UV-A波は窓からも入るので、室内でも気が抜けません。

もうひとつが、UV-B波です。これは、シミを作り出す紫外線です。

まったく紫外線対策をしないと、ハリ、弾力のないシミだらけの肌になってしまいます。

考えるだけで恐ろしいですね!

 

紫外線の老化を防ぐためには日常からのケアを!

これからの季節、ますます紫外線が強く降り注ぎますので、光老化を進行させないためには、日常のUVケアが必要不可欠となります。

「あきらめないで!!」(真矢ミキさん風)

今からでもまだ遅くないので、外出の際はUVクリームや帽子、日傘、眼鏡などで紫外線からのダメージ、特に皮膚や目が直接受けないよう、日常からのケアを意識しましょう。

実は曇りの日でも、日焼けするように、曇りの日でも紫外線は降り注いでいますので、日が当たらないからといって気を抜かず、しっかりUVケアして外出を心がけることをオススメ致します。

 

まとめ

光老化は時間差で症状が現れるため、無防備に紫外線を浴び続けていると、年齢を重ねるといつのまにかシミやしわが、いきなり増え出すかもしれません。

場合によっては皮膚がんなどにもなりかねませんので、日々のUVケアを怠らず紫外線から受けるダメージをなるべく少なくすることが重要です。

あきらめないで!!


【スポンサーリンク】


【スポンサーリンク】