花粉症対策にオススメ!最新空気清浄機の花粉モードは効果があるの?

春の陽気な季節は、待ち遠しいですが花粉症の人にとっては地獄の季節かもしれません。花見どころの話ではなくて、くしゃみや鼻水などの花粉症の症状で悩まされている事です。

症状は花粉を吸い込んだり花粉が体内の防衛反応に反応して花粉症が発症、症状が出るわけですが、効果のある対策として空気清浄機を使う事が挙げられます。

空気中の花粉の飛沫などを除去する事で効果が期待できますが、実際空気清浄機で空気をきれいにして効果あるのか見て見ます。

空気清浄機の他にエアコンなどにも花粉モードと言われるもので、花粉モードに設定すると、空気中の花粉を絡め取る商品もありますので詳しく見て見たいと思います。

空気清浄機はどれくらいの効果があるのか!?

実際に花粉症の人の体験の話ですと、空気清浄機を利用すると、花粉症の書状を忘れるくらい快適に過ごせるという事でした。それも踏まえると効果あるのか見てみると効果はあると言えるでしょう。

一方で、あまり効果が期待できない、効果が実感できなかった人もいます。

空気清浄機も家電量販で見てもらえば分かりますが、価格も大きさもぴんきりであります。当然、花粉モードなどのモード設定ができるもの、メーカーなどによって、空気中の物質の除去力は違いが出てくると思います。

どれくらい効果的かを数字化することは難しいと思いますが、空気清浄機を利用するしないでは影響が出てくると思います。

空気清浄機の花粉モードって!?最新機種を徹底比較!

上記では空気清浄機の種類やメーカーによって空気中の除去力が違うと説明しましたが、最近の空気清浄機は、「花粉モード」で花粉の飛沫を絡め取る効果もあります。

花粉モードがある製品では空気中の花粉を吸い込み落下させることで空気中を綺麗に除去します。

空気清浄機でもフィルター式のものとイオン式のものがあります。イオン式の方が花粉には効果があると言われています。では、フィルター式は効果ないのか。

効果ないかと言われるとまったくもって空気中の汚れを吸い取らないわけではないので、効果あるのかと言われレバ微妙なところではあります。

ただ、花粉症の原因の花粉だけではなく、最近ではPM2.5などの汚れなども絡め取る製品も出ているので、効果ないとは言い難いと思いますし、実際に花粉症の人が利用して効果を感じた人もいるのです。

当然、外出先からら帰宅すれば、多少なりとは花粉の飛沫を持ち込むことになるので、玄関先で花粉の粒子を叩き落とす事が大切です。

また、花粉モードの他に加湿機能がある空気清浄機だと、花粉は加湿にも弱いらしいので効果は期待できると思いますが、あくまでも個人によります。

【スポンサーリンク】

花粉対策の空気清浄機が効果ない!?効果的な置き場所はココだ!?

花粉症に効果があると言っても、置き場所をどこでもいいというわけではありません。置く場所によっては清浄力も変化する可能性は十分にあります。

空気清浄機も大きさが千差万別あります。当然、置く場所によっては効果が半減する可能性が出てくるのでその部分も考える必要はあります。

そこで、空気清浄機を置く適切な場所は、部屋の中央付近がベストになります。中央に置く事によって部屋全体に効果をもたらしてくれます。

部屋の隅や、荷物などに空気清浄機が隠れるような場所では、空気中に浮遊する花粉などの粒子が絡めとられない可能性が十分にあります。そこで中央に置くべきですが、中央だと部屋の通行の邪魔になったり、荷物が嵩張ります。

その際も、なるべく、荷物などで隠れないようにする事が大切です。

まとめ

春になると花粉症で悩まれる方が多く、最近では花粉の飛沫量も増えてきている。その為、今までは花粉症ではなかった人も花粉症に罹患するケースが増えている。

花粉症の対策としては、花粉を吸い込まないという事ですが、厄介なのが、外出先から帰宅して自宅の部屋の中で花粉が浮遊したり、窓を開放した際に外から花粉が入ってしまうという事です。

対策として、エアコンなどにも花粉モードが搭載されている製品もあります。それらの花粉モードを利用する事で花粉を絡め取る効果が期待でるのですが、空気清浄機で花粉対策で効果があるのかと疑問に思われる方もいると思います。

結論から述べると、効果は期待できるが100%保証するものではないという事です。空気中の花粉の浮遊物を空気清浄機のフィルターでキャッチする事で空気を浄化してくれます。

花粉モードに設定する事でさらに、花粉症の原因となる花粉の浮遊物を吸着してくれるので、効果がないというのは嘘になります。ただ、医学的に見て、効果的かというと結論はNOになるという事です。

花粉モードなどの機能をうまく利用して、花粉の辛さを激減できたらいいですね。


【スポンサーリンク】


【スポンサーリンク】