メロンのおいしい品種とは?サイズや糖度はどれくらい!?

差し入れなどでメロンを戴く機会もあるかと思います。メロンと耳にするも高級な感じがしませんか?なかなか普段買う事の出来ないものですよね。

果物には色々な品種やサイズに、よっての糖度なども変化するよつにメロンにも当然の事ながらあります。その中で有名な品種としてマスクメロンや夕張メロンがあったりします。

スーパーなどでメロンを選ぶポイントとしては糖度が高いものを選びたいですよね。糖度が高ければ甘くて美味しいですし、せっかく高級なものを食べるなら甘いメロンがいいですよね。

そこで、メロンの糖度の基準やサイズなどから判断する方法などについてみてみたいと思います。

メロンの糖度はどれくらい!?基準は?

スーパーの果物コーナーに並んでいるメロンの糖度はどれくらいなのでしょうか。品種によっても糖度は変わってくると思いますし、原産地によっても関係すると思います。

糖度は機械で測定されてスーパーに並んだり、光センサーと言われている機械で糖度を測定して基準に合格したものがスーパーに並ぶ形になります。

しかし、機械を利用して糖度を知ることができますが目視での判断基準はどこにポイントがあるのでしょうか。メロンのサイズや大きさなども考慮して考えなければいけません。

やはり、基準としては大きさやサイズも関係しているようで、メロンを持った際にずっしりと重い感じがあれば糖度が高くで美味しいと判断しても大丈夫です。

理由としては、種なども少なく、中身が充実しているからこそ、ずっしりとした重みがあるのです。

メロンの規格とは?サイズはどれくらい?

次に、メロンの規格としてどれくらいのサイズがあるのか、またスーパーなどではどのような基準で規格が決まっているのかを見てみます。

サイズ、糖度、品質にランク付けで規格が決められていています。これらは、メロンの箱に記載されていたりする場合があるのでスーパーなどの買い物の際に、箱なども注意深く見てみるといいです。

見た目や感触では上記で説明したずっしりと重いものを選択するといいです。

サイズ自体は、Mから4Lまでの投球で決まっておりますので、大抵の場合は、規格内ですが、メロンの表面自体の傷であったり、痛み具合なども規格の上では考慮されます。

【スポンサーリンク】

メロンのサイズ毎の重さを教えて!?

サイズが大きくなれば、中身のずっしりと詰まるので重いは出ます。逆に軽い場合は、中身が少ないということになりますので、あまり、選択して購入する必要はないのかという判断が上記の件から伺えます。

当然、サイズが大きくなればなるほど重量は大きくなるはずです。そこで、具体的な数字を出してみたいと思います。

Mサイズ・・・0.8Kg
Lサイズ・・・1Kg
LAサイズ・・・1.2Kg
L2サイズ・・・1.4Kg
L3サイズ・・・1.6Kg
L4サイズ・・・1.9Kg

を参考にしたらいいのではないでしょうか。逆に、サイズの平均値より軽い場合は、中身がしっかりと入っていない場合もあり、食べる際にがっかりする可能性も考えられるので注意しましょう。

まとめ

メロンは、高級な感じがして普段ではなかなか食べられれないフルーツですよね。メロンにも規格がありまして、基準をクリアしたものがスーパーに並ぶということになります。

サイズが大きければ、重要もずっしりと重くなります。糖度も基準として決められています。この細かな基準をクリアしたメロンだけがスーパーで並び、それ以外は「規格外」という形になります。

糖度が14以上あれば人が食べて甘くて美味しいというレベルになるそうです「。また品種によっても糖度などの変化は見られるので、スーパーで一度手にとっては、感触や重みなどを直に感じた方がいいでしょう。


【スポンサーリンク】


【スポンサーリンク】