道の駅での駐車するならココ!北海道旅行をするなら事前にチェックすべき事

行楽スポット

道の駅に駐車しながら車で北海道旅行を楽しむご夫婦が増えているようです。道の駅はその土地の文化や歴史、地元のグルメを同時に楽しめる公共施設です。それぞれに特色があるので北海道旅行をするなら、道の駅に駐車してちょっと覗いてみてはいかがでしょう。

道の駅は、2018年4月現在、北海道には122駅も登録されています。広い北海道とはいっても、一般道で大型のキャンピングカーを気軽に駐車できる場所はそう多くはありません。無料で疲れを癒すことができる便利な場所。それが道の駅です。

道の駅で駐車!駐車場で気をつけるべきこんなこと

(写真:キャンピングカー)

道の駅はツアー観光客も地元の住民も訪れる場所です。道の駅に駐車する旅行者が増えて、地元の住民と駐車場でトラブルになるケースも増えているようです。

道の駅の駐車場内に大量のゴミを捨てていくとか、エンジンをかけっぱなしで駐車して住民の迷惑になっているとか、キャンピングカーで駐車して、駐車場内にテーブルを広げてバーベキューをしていたという口コミもみかけます。道の駅の駐車場では一般の公共施設以上にマナー違反に気をつけたいですね。

道の駅ではつい時間を忘れて過ごしてしまい、駐車している車に注意が向かなくなります。盗難の危険がありますから、座席など外から見えるところには荷物は置かないようにしましょう。

これはマナー違反?道の駅での長時間駐車と車中泊について

(写真:道の駅駐車場)

車で道の駅に来る地元の人たちもいます。みんなが駐車場を利用するのですから、旅行で車を道の駅に駐車するときは長時間の駐車にならないように配慮も必要です。

道の駅の営業時間は決まっていますが、夜間、車で移動をする人たちが駐車して休憩できるように、駐車場は24時間開放しているところがほとんどです。

車中泊する人のために電源供給設備を用意してある道の駅もあるようですが、それは一部です。道の駅の中には、駐車場での車中泊は「お断り」として、近くのオートキャンプ場を利用するように案内しているところもあります。道の駅の駐車場では、仮眠はできるけれども車中泊をすることまでは認められていない、そう考えたほうがよさそうです。

ドライブルートが決まったら、道の駅に駐車して車中泊ができそうか、あらかじめチェックしておくことをおススメします。

【スポンサーリンク】

道の駅での駐車、特に夜間はここに気をつけて!

(写真:夜間駐車)

道の駅に駐車するときに、特に注意したいのは夜間です。道の駅に駐車するときはできるだけの駐車場の目立つところ、他に車が止まっているならその近くに駐車することが大事です。それだけでも防犯対策になります。

もし夜間に仮眠をしているとき、誰か見知らない人に呼び出されても、安易にドアを開けるのは避けましょう。立ち寄る予定の道で夜間に危険なことが起きていないかどうか、口コミ情報などでしっかりとチェックしておくことが大切です。

道の駅の中には、RVパークといって車中泊に適した駐車場を提供しているところもあります。利用は有料になりますが、夜間に安全にそして安心して駐車できる場所として利用価値があります。調べてみてはいかがでしょうか。

まとめ

道の駅は車で気軽に駐車できる一般道にある休憩所です。24時間利用できる無料の駐車場も用意されていて、食事をしたり地元の特産品を買ったりできるお店もあります。現在、道の駅は全国に1100以上あり、それぞれに特色があります。道の駅に駐車するのが旅行の楽しみの一つになっている人も多いようです。

道の駅の利用者が増えるにつれて、駐車場でのマナー違反も多くなっています。駐車場を取り締まる人がいるわけではありませんが、ほとんどの道の駅は長時間駐車や車中泊を認めていません。感謝の気持ちを忘れず、周りに配慮した利用を心掛けたいですね。

夜間の駐車で危険な目に合ったという口コミも見られます。立ち寄りたい道の駅が決まったら、情報収集をしっかり行って安心安全な旅を楽しんで下さい。


【スポンサーリンク】


【スポンサーリンク】