ナッツは食べ過ぎても太らないって本当?病気や便秘になることも?

食べ物・飲み物

美容にはナッツ!健康にはナッツ!

ナッツ万歳の声がそこかしこで聞こえますが、ちょっと待ってください。

ナッツは食べても太らないって
勘違いしていませんか?

ナッツは油分が多い食べ物。

食べ過ぎると摂取カロリーがとんでもないことになります。どうしてそんな勘違いが起きたのかというと、原因はナッツに含まれているオメガ3脂肪酸。

オメガ3は健康にいいって最近よく聞きますよね。

オメガ3系脂肪酸を摂取して運動をすると、脂肪燃焼を早めるという結果が出ているそうです。でも過ぎたるは猶及ばざるが如し。

ナッツの食べ過ぎには注意しましょう!

あのナッツが危ない!!食べ過ぎると病気の原因になるナッツは!?

ナッツっておいしいですよね。

でもナッツアレルギーの人は気を付けて!

アレルギーは免疫機能が過剰反応してしまう病気です。ナッツアレルギーの症状には、皮膚のかゆみや湿疹、目のかゆみ、腹痛、下痢、咳、くしゃみ、口や唇、喉のかゆみなどさまざまです

重いアレルギー症状が出ると呼吸困難など、死に至る場合もあります

子どものころにわかっていれば、ナッツが入っていないかどうか気をつけますが、軽い症状しか起きていなくて、自分がナッツアレルギーだという自覚がない人もいます。

そんな人がナッツを食べ過ぎると、今までよりも重い症状が出て大変なことになる可能性があります。

ナッツにたくさんの種類があるようにナッツアレルギーもナッツの種類の数だけ存在します。もしかしてナッツアレルギーかも…と心配な人は病院で調べてもらいましょう。

特定原材料7品目と言われる、とくにアレルギーを起こしやすい食品としてパッケージ表示が義務化された原材料の中にピーナッツがあります。

ピーナッツは実はマメ科の植物で地中に実がなるので、ナッツ(木の実)とは違いますが、名前で勘違いしちゃいますよね。

ちなみにピーナッツアレルギーがある人は、他にもナッツアレルギーを持っていることが多いそうなので注意してください。

ナッツを食べ過ぎるとアレルギーを発症してしまう確率はある!?

そばを食べすぎて、そばアレルギーを発症してしまったという知り合いがいます。

「大好きなのに、もう食べられない」と嘆いていました。

体内のアレルギー物質への許容量を超えたら、発症するという話を効いたことがあります。

ナッツを食べ過ぎたら、アレルギーを発症してしまう可能性はないとは言い切れないと思います。

【スポンサーリンク】

ナッツの食べ過ぎが原因かも!?便秘症の人に知ってもらいたいこと

ナッツは、食物繊維が豊富で便秘解消に良い食べ物だとされています。

でもだからといって食べ過ぎると逆効果になるかもしれません。

食べ過ぎると消化が追いつかず、消化できなかった分がどんどん腸にとどまり便秘になってしまうんです。

何事もほどほどが一番ですね。

まとめ

健康や美容目的でナッツを毎日食べる人が増えています。

いろんな人がナッツは体にいいというけれど、でもそれが本当に自分の体に合っているかはわかりません。

もしちょっとでもおかしいなと思ったら、ナッツを食べるのをやめましょう。

ピーナッツアレルギーですが、ピーナッツバターを食べた恋人とキスして、死んでしまったという事件が本当にあったそうです。

怖いですね。

ナッツが大丈夫な人は、つい欲張ってナッツを食べ過ぎていないかチェックしてみてください。

ナッツは適量を食べてこそ、効果を発揮します。ナッツだけではなく、バランスよく食事をしましょう!


【スポンサーリンク】


【スポンサーリンク】