英検とtoeicを比較してみた!就職にはどっちが有利なの?

英語

就職活動を控えた大学生に取って、就職に有利な資格はないか気に成る頃だと思います。その中で、最近ではグローバルな社会になっており、英語が話せたい、基本的な英会話ができないと仕事にも影響が出たりします。

実際、大学で英語を学んだと言ってもどれくらいの能力なのかがわからないのが現状ですよね。そこで、英検だったりtoeicがあります。

どちらも英語の能力資格ではあるものの、どのように違いがありどっちが就活に有利なのでしょか。英検とtoeicの違いは、主催が違うというものと対象が違います。

違いは何を対象にするのかがポイントになると思います。就職であれば、仕事上で英会話を使う機会を想定しての資格で、雇用する側もそのような目線が判断基準になります。

その部分の比較なども含めて詳しく説明してみようと思います。

英検とtoeic、どっちを受験する!?

どっちがいいのか比較はニーズに合わせて資格を取得する必要があると思います。比較するなら、英検は小学生くらいから受験をする学生が増えているので、比較的取得率も高いです。

一方で、toeicに関してですがスコアで判別されるので具体的にどのようなレベルなのかを把握する違いがあります。

日本国内で、日常生活をする上では英検とtoeicの比較はあまり不必要かと思いますが、具体的に仕事上で使う重要しされるのはtoeicでしょう。

英検とtoeicの違いとは?点数と級の比較を教えて!?

違いを具体的に述べると、英検は「受験英語」、toeicは「ビジネス英語」と言われています。

就職活動となるとビジネスで使える場面の英語を重要視した方がいいです。そこで、現状英検しか持っていない人で、これから就活のためにtoeicを受験するならどれくらいのレベルなのかを見てみます。

5級・・・346点

4級・・・343点

3級・・・377点

準2級・・・402点

2級・・・527点

準1級・・・713点

1級・・・955点

という流れになります。あくまでも目安になりますので、英検で準2級を持っていると言っても、toeicでこれだけのスコアが出せるかは、その人の努力しだというふうになります。

【スポンサーリンク】

英検とtoeicはどちらが就職に有利なの!?

バッサリ、どちらが就活に便利か、有利かと言われれば、ビジネス英語であるtoeicの方がビジネスシーンで多様される英語では有利なものになります。

ビジネスでは日常会話以上のものが求められるので、世界で共通するだけの言語能力を秘めている必要性があるからです。だからと言って英検を比較して取得する意味がないと言っているわけではありません。

まとめ

英検とtoeicの違いについて比較できるでしょうか。

具体的には ビジネスシーンか日常生活で使う言葉の基準かになります。ビジネスという事は就職などの活動においては、toeicが重要視される傾向にあります。

やはり、ビジネスにおいては、ビジネス英語と言われているスコアで、現状の英語力を把握できるtoeicの方がすぐれている面があります。

英検とtoeicの違いについて比較する事はできますが、英検しかり、toeicで対応しているスコア・成績が出るかは微妙なところではあります。

違いはあるにせよ、どちらも取得して損はない比較ではありますし、これからのグローバルな社会においては、どちらの資格も歓迎される資格の種類でもあります。

 

これから取得を目指している人は、何を目的としているのかを自分で絞ってみるのもいいでしょう。


【スポンサーリンク】


【スポンサーリンク】